富白「とみしろ」(仲御徒町/ラーメン)野菜大盛りの鶏ぶた塩タンメン

仲御徒町から歩くこと5分ぐらい。
昭和通沿いに秋葉原方面に少し歩いて左折したところに「富白」はありました。


富白「とみしろ」@仲御徒町

お店は飾らない外観で、大衆ラーメン店を彷彿とさせる佇まいです。
店内も厨房に面したカウンター席と1つだけテーブル席があり、オーソドックスなラーメン屋という感じ。

店内に入るとまずは食券を購入します。

▲店内の券売機

基本メニューはラーメンタンメンの2つで、
鶏塩拉麺 650円
鶏ぶた塩拉麺 750円
鶏塩タンメン 700円
鶏ぶた塩タンメン 800円
鶏塩辛タンメン 700円
鶏ぶた辛タンメン 800円

ラーメンは清湯(せいたん)ベースで細麺になり、並140g、大盛り200g
タンメンは白湯(ぱいたん)ベースで太麺になり、並150g、大盛り220g

つけ麺らしい「つけタンメン」もあったようだが、現在は販売中止のようだ。

各大盛りは50円増しで、トッピングの半熟味玉、ライス(小も大も)50円で付けられるなど、追加トッピングメニューのお得感がキラリと光ってますね♪

拉麺にもトキメクが、タンメンにも目がないので、今回は「鶏ぶた塩タンメン」をぽちっと押してみました。

あいているカウンター席に座り、食券を渡します。

厨房内では2人の男子がお店を切り盛りされてます。
大将とおぼしき人が中華鍋でモヤシなどの野菜を炒めたり、麺を茹でられたりしてますね。
チャーシューは提供前にバーナーで炙られていて、一つ一つのオペレーションに一杯への心意気を感じます。

ホールの係のお兄ちゃんも目配り気配りがよく行き届いていて、奇をてらった感じではなく、自然でなんだか気持ちい接客です。

周りの方のオーダーを見ていると、ほとんどの方がタンメンをオーダーされてます。
ラーメンの方が野菜を炒めない分、少し早い提供になるようですね♪

そして10分ほどで鶏ぶた塩タンメンが供されました。

おおお〜♪


鶏ぶた塩タンメン

野菜大盛りでヘルシーやん♪

丼の横から見ると、もやしなどの野菜がこんもりと盛り上がってます。

まずはスープを一口いただいてみた。


▲スープ

塩というだけあって、アッサリ目のやさしいスープだが、鶏ベースのうま味と炒めた野菜のエキスがぎゅっと詰まってる。
最後に一振り垂らしていた鶏油の香りもふわ〜っと広がります。

うまい!

野菜はモヤシが一番多く、その他キャベツ、ニンジンなど。
どの野菜もシャキシャキとした感じも残っていて、美味しく頂ける。

お野菜の他には、白きくらげなんかも入ってますね〜♪


▲肉団子

具材の中には小さい肉団子も入ってますね。
ぷりっとした食感のやさしい肉団子で、野菜の中でのアクセント感がgood job!


▲チャーシュー

チャーシューは小さいながらも4枚ほど乗せてありますね♪
提供前にバーナーで炙られてるので、香りが倍増してて、口の中で肉の旨味がぶは〜っと広がる。
これは是非とも入れておきたいトッピングアイテムだ。

麺は浅草開化楼製の中太縮れ麺。


▲麺は浅草開化楼製の縮れ麺

優しめのスープがこの縮れ麺にイイカンジで絡んでくる♪
若干硬めの茹で加減もgoodで、野菜のシャキシャキ感との相乗効果でワシワシ頂ける。

麺を啜り、野菜を食べ終わると、最後は鶏と野菜のエキスがでた優しいスープを完飲です。
最後のスープを啜ってると、なんとなく鶏がらベースのアッサリ目の長崎チャンポンのような錯覚を覚えるスープだった。

食べてみると、鶏と塩のシンプルな素材から作られるタンメンは、野菜のうま味などが加わってて、アッサリしてるけど、うま味がしっかり詰まったタンメンで大満足だった。

鶏や野菜の旨味をこねくり回さずにストレートに味わえる、シンプルながらもうま味の詰まったタンメンに脱帽。

お野菜もタップリ入っていて、ナカナカヘルシーなタンメンだった。野菜不足の現代人にはコレはありがたい。

豚骨ベースのタンメンとは違い、シンプルに鶏と塩で作られたタンメンもナカナカ旨く、これはアリですね〜♪

仲御徒町に来る時はまたおぢゃましたいと思います。
次回はつけ麺の方も試してみたいなぁ。

ご馳走様でした〜♪

店名:富白「とみしろ」
電話:03-6677-3156
住所:東京都台東区台東3-14-10
最寄駅:仲御徒町、御徒町、新御徒町、末広町
営業時間:11:30~15:00,17:30~20:00,土11:30~15:00(スープ終わり次第終了)
定休日:日祝日(※要確認)

スポンサーリンク

 ■関連記事

 ■みなさんのツイート!