ドンブリメシ標準のTHE食堂!安定の定食メニューは移転後も健在!きさらぎ亭(桜新町)

東急田園都市線、桜新町駅から歩くこと5分ぐらい。

桜新町商店街、通称サザエさん通りを過ぎたあたりに、定食屋のきさらぎ亭はあります。

きさらぎ亭@桜新町

桜新町きさらぎ亭の外観

駅を降りるとサザエさん一家の銅像やモニュメントがあり、街全体のんびりと穏やかな空気が流れる桜新町。

サザエさん通りの案内板とサザエさんの銅像

そのサザエさん通りを過ぎたあたりにある「きさらぎ亭」。

以前訪問したときには、昔ながらのフレンドリーな昭和の大衆食堂的な佇まいだったが、一昨年前の閉店後、昨年100mほど駅から離れた用賀側に移転しリニューアルオープンしているようだ。

まずは扉を開けて入店してみた。

きさらぎ亭のカウンター席

店内は奥に厨房を構える佇まいで、コの字のカウンター席、窓に面したカウンター席、1卓テーブル席の構成で、小ぢんまりとしてる。

以前の古い店舗の昭和の定食屋という感じはなく、ライトでおしゃれな定食屋とでも言うべきか、女子にも入りやすくなっているようだ。

店内は狭いのでが、ランチタイムは中々の人気で、ほぼ満席状態。以前はオトコクサイ定食屋という感じだったが、女子にも人気があるようだ。

まずは空いているカウンター席に座り、メニューを見てみた。

メニュー

きさらぎ亭の定食メニュー
  • お刺身定食 910円
  • 天ぷら定食 910円
  • エビクリームフライ定食 880円
  • とんかつ定食 880円
  • チキンカツ定食 830円
  • 煮込み定食 750円
  • すき焼き丼 790円

などなどのラインナップ。

きさらぎ亭の定食メニュー2

トリオ定食なるメニューもあり、海老クリームフライ+ハンバーグ+カニコロッケ✕2個という色々食べられる欲張りメニューの設定もあるようだ。

トリオ定食のメニュー

お刺身から揚げ物系、煮込みやすき焼き丼まで揃っていて、メニューの数こそ限られてはいるものの、選択肢は幅広い。

単品や飲み物メニュー

もう一品欲しいときの単品サイドメニュー、ひじきの煮つけや冷奴、そして夜の酒の肴に良さそうな煮込みや鯖の味噌煮などのツマミも揃ってて、一杯やるにも事欠かないメニュー。

以前の旧店舗に訪問したときは、名物の「すき焼き丼」の味わい深さには感動を覚えたものだ。

桜新町きさらぎ亭の「すき焼き丼 」

2010.01.13

すき焼き丼にもトキメクのだが、メニューの中でも揚げ物系の筆頭に上がっている「エビクリームフライ定食」が無性に気になりオーダーしてみた。

エビフライではなくエビクリームフライ。。これはきっと他では食べられない一品なのだろう!

オーダーが通ると奥の厨房で料理が作られていく。

3人の女性店員さんで作られているようで、あうんの呼吸でササッと手際良く作られてる。

そしてオーダーから10分ほどでエビクリームフライが供された。

エビクリームフライ定食

エビクリームフライ定食

ぬぅおぉぉぉ~~~!!

メチャメチャでかいエビフライが三尾、キャベツにもたれ掛かるように盛られてて圧巻の盛り付けだ。

まずはエビフライを一口頂いてみた。

ご飯に乗せた海老クリームフライ

揚げたてアツアツのエビクリームフライ。カリッと硬めに揚げられた衣の中には、エビの身とクリームがたっぷり入っていて、エビの風味が口から鼻にフワーっと広がる。

ソースやマヨネーズなどをつけなくても、エビの味わいと風味がしっかりしているので、そのままでも御飯のお供としていただける。

衣のカリッとした食感、エビのぷりっとした食感。2つの直感の違いが口の中で合わさるのもナカナカいい感じ。

サクッとプリッと、そしてエビの味わいが口いっぱいに広がる!うまし!

マヨネーズを付けた海老クリームフライ

何もつけなくても美味いのだが、皿の脇に添えられたマヨネーズを付けるのもナカナカ美味い。マヨネーズは、野菜だけでなくエビフライにもディップすること前提なのか、かなり多めのマヨネーズ盛りなので安心だ。

キャベツとレタスの野菜たち

エビフライの下には、たっぷり目のキャベツの千切り、きゅうり、レタスが盛られてるので、野菜不足の現代人にはありがたい野菜豊富仕様だ。

ドンブリにスリキリ一杯の御飯

御飯は、いわゆるドンブリメシという名がふさわしい、大きめのドンブリにスリキリ一杯に盛られてて、ガッツリとした食べごたえだ。

店内の案内には、小さめの茶碗での提供も可能と書かれているので、御飯が少食の人は対応可能だ。

お揚げの入った味噌汁

味噌汁は、お揚げがタップリはいっていて、定食屋の煮詰まったような濃いめの味わいではなく、どことなくホッとする優しい味わいだ。

エビクリームフライ

そしてご飯とともにエビフライを食べ進めるのだが、これがナカナカの食べごたえ。

エビフライ1本の長さがソコソコあるので、3本食べればカナリお腹いっぱいモードに突入できる。

ドンブリに盛られた御飯の多さと比例するようなエビフライの量なので、最後はかなり満腹モード。

定食についてる漬物

最後のドンブリに残った御飯は、付け合せの漬物でいただき完食。

デザートのみかんとキャベツ

デザートのみかんも付いてるのが何ともウレシイ。

食べてみると、、

きさらぎ亭の揚げ物系の筆頭メニュー「エビクリームフライ定食」。

やはりお店一押しメニューなのが分かる旨さと食べごたえで、定食屋として「多めのドンブリメシとおかず類の相乗効果でお腹いっぱいになって欲しい!」という気持ちが十二分にも伝わってくる内容だった。

営業時間の案内

特筆すべきは、定食屋としての「きさらぎ亭」さんの存在感だ。

閉店から移転新装オープンで今回の場所に移動したようだが、昔ながらの定食屋としてのアイデンティティはそのまま残っていて、安心感を覚えた。

「さくらしんまち、サザエさん通り」の案内板

旧店舗は、まさにTHE定食屋というような佇まいでTHE昭和の大衆食堂という名がふさわしい感じだったのだが、今回訪問した新店舗は、どことなくオシャレ感があるキレイ目の佇まい。

入店して食べてみるまでは、以前の店舗と味が変わったのか?が心配ではあったが、今回のエビクリームフライ定食を食べて、旧店舗と変わらないドンブリメシありの定食屋スピリッツは健在なのだとわかり安心した。

旧店舗時代にあった麺ものメニューはなくなったようだが、当時から人気があった「すき焼き丼」や魚系メニューの存在もなんだかホッとするものがあった。

サザエさんとタラちゃんの銅像

旧店舗時代から数えると、創業40年にもなる「きさらぎ亭」さん。

これからも、この桜新町の満腹系定食屋さんとして君臨し続けてほしいし、桜新町でガッツリ定食気分のときは是非立ち寄りたい1店だ。

定食屋好きの方は是非試してみたはいかがだろうか。なにげに魚系からフライなどの揚げ物系、煮込み系までそろってて使い勝手の良い定食屋さんなので。

次回お邪魔するときは、いろいろ食べられる「トリオ定食」を試してみたいなぁ。

ご馳走様でした~!

店名:きさらぎ亭
公式Twitter:https://twitter.com/kisaragitei
TEL:03-3426-1482
住所:東京都世田谷区桜新町1-40-10
最寄駅:東急田園都市線 桜新町駅
営業時間:11:00~16:00,17:00~22:00
定休日:日曜祝日(※要確認)