オムライス大盛り550円!メニューが壮絶に安い横浜の洋食屋!レストランテル

横浜レストランテルのオムライス大盛り

横浜駅みなみ西口から歩くこと15分ぐらい。
駅周辺の繁華街を通り抜けた住宅街の中に、レストランテルはあります。

レストランテル@横浜

横浜レストランテルの外観

横浜からも徒歩圏だが、最寄駅だと相鉄線の平沼橋駅が一番近い。

店頭に置かれたサンプルケース

住宅街の中で目立たない外観なのだが、店頭に置かれた立て看板が目印。小ぶりだがサンプルケースもあるので、料理の内容がわかる。

ぱっと見、外観からは営業してるのかが分からない感じなのだが、店内の電気がついているので、いちおう営業しているの合図。

早速入店してみた。

レストランテルの店内。マンガ本が大量にある。

店内はテーブル席のみの構成で、6卓ほど。
奥の厨房では店主と思しき方が一人で料理を作られてる。

まずは空いている席に座りメニューを見てみた。

メニュー

本日のランチとビクトリアカツのメニュー

本日のランチは2種類あり

  • A.チキンカツ、チキンコロッケ
  • B.チキンカツチーズ入り

どちらも、ライス、スープ、サラダ付きで400円とメチャメチャ安い!

その他にも名物(?)とも言えるビクトリアカツも400円で提供されてて、ここは本当に横浜なのか?と目を疑う価格帯だ。

その他、レギュラーメニューもすこぶる安くて、メニュー選択がめちゃくちゃ悩ましい。

レストランテルのレギュラーメニュー
  • スパゲティーナポリタン 400円
  • ハヤシライス 500円
  • カレー 500円
  • カツカレー 600円
  • エビピラフ 450円
  • オムライス 450円
  • チキンカツ(ライス付き) 600円
  • ハンバーグ(ライス付き) 600円

などなどのラインナップ。
安い。壮絶に安い!

一番高いメニューはステーキ(ライス付き)1200円なのだが、他のメニューと並んでいると高価に感じるものの、世のステーキ価格として捉えれば1200円は安い。

そのくらいトラップに陥るほど、レギュラーメニューが総じて安いのだ。

しかもカレーが500円でカツカレーが600円なのも、常識を覆す価格だ。

以前訪問した時は、400円で食べられるビクトリアカツを試してみたが、世の常識を覆す価格と内容には感動を覚えた。

驚愕ワンコイン以下!400円ランチができる横浜の洋食屋!レストラン テル

2015.10.31

どれにしようか悩ましい限りだが、以前訪問したときからメニューの中で1番気になっていたオムライス450円を大盛り+100円でお願いしてみた。

店内のテーブル席

店内は誰も見ていないテレビの音だけが流れていて、のんびりとした空気が流れてる。

壁の本棚にはマンガ本がビッシリと並んでいて、ゴルゴ13などの雑誌がズラリと読み放題だ。

ゴルゴ13の雑誌

レストランテルという店名から、もちろん「レストラン」という位置づけななのかもしれないが、洋食を提供している「食堂」とでも言うべきか、いい意味で肩の力を抜いてリラックスできる空気感がある。

お昼時に訪問したのだがナカナカの盛況ぶりでほぼ満席状態。

お冷とゴルゴ13の雑誌

常連さんが多いのか、入店するやいなやメニューを見ないで自分のお気に入りメニューを即注文している。横浜駅からも離れた住宅街ではあるが人気があるようだ。

そしてオーダーから15分ほどで、オムライスが供された。

オムライス大盛り

レストランテルのオムライス大盛り

ぬおおおおぉ〜〜〜!

直径30センチほどの大きな皿を占拠する黄色い物体!
まさにデカ盛りオムライスの名がふさわしいぜ!

ワシの手持ちの iPhoneSEと比較してみたが、これはすこぶる大きい!

オムライス大盛りとiPhone

まずは一口頂いてみた。

玉子の下のオレンジ色のケチャップライスは、刻まれたタマネギとハムが入っている。

スプーンですくったオムライス

口に含むと、ケチャップライスのみで食べても味わい深く、口の中でぱらりとほどけたケチャップライスに炒めたタマネギの甘みがプラスされ口の中に広がる。

まさに洋食屋のオムライスという感じだ。

オムライスのケチャップライスの断面

ケチャップライスのケチャップ感は濃厚まではいかないのだが、玉子の上に盛られたケチャップを少し絡めて食べると、ケチャップ感が増していい塩梅。これぞTHEケチャップオムライスがという感じ。

千切りキャベツ マッシュポテト

皿の脇にはキャベツの千切りとトマト、そしてマッシュポテトも添えられてて、単品オムライスとはいえ、野菜までしっかり頂ける。

スープはマグカップに入れられててタップリ目。少しコンソメの効いたオニオンスープのような優しい味わいだ。

マグカップに入れられたスープ

そして、オムライスを食べ進めるのだが、大盛りにした分ナカナカ減らない。

横から見たオムライス大盛り

半分ぐらい食べたところが、おそらく世の標準的なオムライスの量のような感じ。半分ぐらいでソコソコ腹が満たされる。

これだと並盛り450円でもソコソコ食べ応えあるのかも。。

そこからは、大盛りオムライスの洗礼という感じで、かなり満腹モードへと突入。

高さは5センチほどだが、皿の上から見ると面積的にもかなり大きく、30センチの皿を占拠するオムライスは圧巻の食べ応え。

かなりの大盛り感なのだが、もともとのケチャップライスのクドさがないので、割りとパクパクと食べられてスプーンが進む。進む。進む。。

最後は、上にかけられたケチャップをオムライスにたっぷりと絡めて完食だ。

レストランテルと書かれた店頭の立て看板

食べてみると、、

レストランテルのオムライス。
タマネギとハムの絡んだケチャップライスの味わいが絶妙で、大盛りとはいえサクッと腹におさまった。

特筆すべきは、レストランテルさんの常識を覆すメニュー価格だろう。

今回食べたオムライスも並盛り450円、大盛り550円だし、世のオムライス価格の常識を超えてる。

ランチメニューやビクトリアカツは400円だし、ほかのレギュラーメニューも450円から600円。最上級のステーキでも1200円という、昨今の飲食店ではありえない値段だし、横浜では絶対にありえない価格。

レストランテルのある住宅街の通り

価格的には20年前、いや30年ほど前の世の標準価格に匹敵するのではなかろうか。

料理的にも何か手抜きがあるとかはなく、一つ一つを手作りで供されてる、まさにレストランの名がふさわしい内容。

味も手間暇も十分にかけられてるのだが、価格はワンコイン前後からとリーズナブル。

横浜駅から若干離れてるとは言え、価格競争だからの価格ではなく、店主たるテルさん(?)の心意気がこの料理の価格を実現している、まさに企業努力の賜物なことは紛れもない事実と思われた。

価格と内容がいい意味で相応しないレストランテル。

まさに、大手チェーン店でもありえない価格を、個人のお店で実現するレストランテルは素晴らしすぎるの一言に尽きる。

レストランテルの外観2

食べた後で思ったのは、正直550円でこのオムライスがガッツリ食べられるのは、ウレシイ部分もあるが、むしろ申し訳ない。

これからも訪問させて頂き、もっと高いメニューも食べておきたい!と思った次第だ。

横浜駅みなみ西口の相鉄線の外観

横浜駅でリーナブルかつウマイ洋食を検討の方は、ぜひ試してみてはいかがだろうか。

横浜に来る時はまたお邪魔したいな。

次回は店内で意外と人気のあったドライカレーを食べてみたいな。

ご馳走様でした〜!

店名:レストラン テル
TEL:045-311-4141
住所:神奈川県横浜市西区浅間町3-165-4
最寄駅:横浜駅(西口)より15分、相鉄線平沼橋駅10分
営業時間:11:30~20:00(途中休憩時間あり)
備考:本日のランチは11:30〜14:00まで、ビクトリアカツ400円は11:30〜19:40ぐらいまで。
定休日:第2第4第5日曜日(※要確認)

横浜レストランテルのオムライス大盛り

 関連記事