中華そば 幸貴(浅草橋/ラーメン)ガード下の昔ながらの中華そば

浅草橋駅から歩いて1分ぐらい。
浅草橋の交差点のある東口を出て、秋葉原方面にJR高架沿いを歩いたところに「中華そば 幸貴」はありました。


中華そば 幸貴@浅草橋

まさにガード下にお店があり、扉を開けて入るとカウンター5席ぐらいのほんとに狭い店内です。

メニューは基本的に中華そば一本勝負で、トッピング類でバリエーションがあります。
中華そば 600円
ワンタンメン 750円
チャーシューメン 850円
チャーシューワンタンメン 950円
(大盛りは50円増し、特盛100円増し)

基本の「中華そば」が600円から食べられるのはウレシイ価格設定だ。

とりあえず基本の中華そばをお願いしてみました。

カウンターの中では大将が一人で切り盛りされてます。
なかなかフレンドリーな大将で、気軽に話しかけられてこられます。

そして5分ほどで中華そばが供されました。


中華そば600円

ルックスはまさに「THE中華そば!」という感じだ。

まずはスープを一口啜ってみた。
中華そばらしく醤油味が前面にでてくる感じ。
鶏がらのようなベースになるような風味も漂ってくるが、醤油の奥深い感じが印象的な中華そばだ。
昔ながらの中華そばという感じですね。

麺は細麺ストレート。
ゆるいウエーブのかかった麺は、柔らかめで、ズルズルと美味しくすすれますね。
普通盛りだとチョト少なめかもしれないので、しっかり食べたい人は大盛り50円アップは必須かも。。50円だしね。

優しい昔ながらのスープと柔らかめの麺が絡んで、ピュアでこねくり回されてない「昔ながらの中華そば」という感じだ。

トッピングはチャーシュー、メンマ、そしてネギと至ってシンプル。

チャーシューはしっかりとした噛みごたえのあるタイプで、どっしりとしてる。
柔らかいチャーシューも好きだが、このシンプルな中華そばにはシンプルイズベストのこのチャーシューが合ってるなぁ。

メンマはツマミメニューにも表記ししてあるように、この店では「竹の子」と読んでるようだ。
しっかりした弾力のあるタイプ、コリコリっとした食感がいい感じだ。

食べてみると、醤油感が前面に出てくるスープを始め、シンプルに優しい麺、トッピングなども至ってシンプルな構成で、これぞ「昔ながらの中華そば」という感じだった。
ベースの出汁が効いてるとか、◯◯産の素材を使っているとか、変なウンチクはこの中華そばには必要ない。ただ、シンプルに醤油味の中華そばを啜れればそれでいいのだ。

なんだか、ホッとする味わいの中華そばでしたね。
ガード下ってロケーションも、なんとなくこの中華そばには合ってる気がするなぁ。。

次回はワンタンメンも試してみたいと思います。
ご馳走様でした〜♪

店名:中華そば 幸貴 (こうき)
TEL:03-3866-2006
住所:東京都台東区浅草橋1-16-8
最寄駅:浅草橋
営業時間:11:30~15:00,18:00~21:00,土11:30~15:00
定休日:日祝日(※要確認)

スポンサーリンク

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■関連記事

 ■みなさんのツイート!