穂久斗「ほくと」(大門浜松町/とんかつ)ハンコロ~!

大門浜松町から芝大門方面に歩くこと3分ぐらい。
オフィスビルの立ち並ぶメイン通りから一本裏に入った細い路地に穂久斗(ほくと)はありました。
目の前の道路はカナリ狭く、都会の中の隠れ家的な匂いもします。


とんかつ穂久斗「ほくと」@大門浜松町

外観は和風で瓦が付いていたりと小料理屋のような佇まいで、店頭にはお昼のセットメニューの立看板が出ています。
価格帯も分かりやすいので安心して入店できますね。

なんとなく「穂久斗」ってかわった店名だな〜と思いますね〜。ホクトというとフツー「北斗」とかの字になるよな〜。
当て字なのか、日本酒の銘柄なのかなぁ。。

店内は厨房に面したL字のカウンター席とテーブル席が2つほど。
狭い店内ですが大将の大きな掛け声が響いていて店内は活気がありますね〜♪

開いているカウンター席に座り壁メニュー見ながらオーダーします。

メニューは、
魚フライ 680円
ハンバーグ 680円
クリームコロッケ 730円
ロース生姜焼き 780円
ロースとんかつ 900円
ひれとんかつ 1000円
などなど、、

その他、盛合せセットが準備されていて、基本メニューにコロッケがセットされて200円アップで頂けるようだ。

メニューの中からハンバーグ+コロッケ、略してハンコロをお願いしてみ見ました。
店内では「ハンコロ一丁!」って具合にオーダーが通ります。

厨房の中には店内を仕切る大将と、奥の方の揚場では若い男性が揚げ物担当されてますね。

そして2分もしないぐらいでライスと味噌汁が出されました。その後スグにハンバーグ+コロッケ「略してハンコロ」が供されました。
早すぎっ!


ハンバーグコロッケ、略してハンコロ

ビジネス街の中にある定食屋としてこのスピード感はウレシイですね〜。

ハンバーグは標準的なハンバーグよりもチョイ大きめ。厚みがケッコウあってかなりのボリューム感です。
まずはハンバーグを食べてみると、肉汁が垂れ落ちることもなく肉肉しさはおさえ目。なんとなくおうちハンバーグ的な優しい味わい。

玉葱の甘味やパン粉だろうか、フワフワ感もあり美味しいですね〜♪
ドミグラスソースもかかっていてコレはナカナカ旨いですよ〜。

ハンバーグの横に鎮座するのはテニスボールよりチョイ小さいぐらいのクリームコロッケ。
パカっと割って食べてみると、衣はサクサクに揚がっていて、中身はトローリ。ハフハフ言いながら食べられる一品。

クリームコロッケの中身はケッコウしっかり目の味付けで、やさしいコロッケというよりパンチのある味わい。
しっかり味がついてるのでソースなどをかけることなく頂けますね〜♪

卓上にはとんかつ屋らしくとんかつソース、ウスターソースの両方が準備されてるので、サラサラウスターソース好きにも安心だ。

キャベツは結構な量で、ハンバーグとコロッケのボリュームにも比例してお野菜補給もバッチリ。
カウンターの上にはでかいマヨネーズのチューブが置かれているので、野菜にマヨネーズが必須のマヨラーにもひと安心。。。

味噌汁はいわゆるフツーのわかめ入りの味噌汁。町の定食屋さんでてきそうな味わい。

ライスは平皿に盛られているが、ハンバーグとコロッケのボリューム感からいくと若干おさえめ。

そしてハンバーグもコロッケも十分に堪能して、お店を後にしました。

食べてみると、ハンバーグはどことなく家庭的な味わいで、柔らかく甘みがあってボリュームもあり大満足のハンバーグでした。

組み合わせメニューのコロッケは、食べる前はコロッケ1個にしては高い気がしたが、しっかりとした味わいで結構なボリューム感で大満足。単品メニューに何かもう一品欲しい時は、コロッケセット200円増しはアリですね。

なによりも、料理の提供が早く、忙しいサラリーマンの方やOLの方にはウレシイかぎりだ。
ハンバーグの作り置き感は否めないが、家庭的な柔らかいハンバーグだったしボリュームもあり、何も申し分なかった。

じつはトンカツがメイン料理みたいだったので、次回はロースカツを食べてみたいな♪
ご馳走様でした〜

店名:穂久斗「ほくと」
TEL:03-3434-1686
住所:東京都港区芝大門1-8-4
最寄駅:大門浜松町、浜松町
営業時間:11:30~13:30,17:30~21:30
定休日:土日祝日

スポンサーリンク

 ■関連記事

 ■みなさんのツイート!