純レバ丼が絶妙すぎる!亀戸天神そばのラーメン中華屋!菜苑(錦糸町)

jun-rebadon-saien-kameid-05-icon

錦糸町から歩くこと10分ぐらい。
ちょうど亀戸天神の近くに「菜苑」さんはあります。

スポンサーリンク

菜苑@錦糸町

菜苑亀戸店@錦糸町

外観は黄色いテントに白いノレンが掛かり、「ラーメン菜苑」とだけ書かれてて、基本的にはラーメン屋のようだ。

店頭のランチメニュー

店頭にはランチメニューが貼りだされてて、ラーメンやタンメンを中心としたラインナップ。

ノレンをくぐりガラガラと引き戸を開け入店だ。

店内は厨房に面したL字のカウンター席と壁に向かった席が少々。
雰囲気的には街の大衆中華屋という感じだ。

店内に貼られた浜崎あゆみの写真

壁には「浜崎あゆみ」の写真が貼られてて、なんか食べてる感じだ。常連なのかなぁ。。

店員さんは男女4人で切り盛りされてて、厨房内の男子2人がメインの料理担当みたい。
けっこう年齢の行った店員さんなんだが、なんだか気合の入った鍋振りが力強い。

スポンサーリンク

メニュー

ラーメンなどの麺類、炒めもの、ご飯物メニュー

  • 正油ラーメン 650円
  • ワンタンメン 700円
  • チャーシューメン 950円
  • タンメン 700円
  • 焼きそば 750円

などなどのラインナップ。どの麺類も比較的お手頃価格で頂けるようだ。

その他、炒めもの、チャーハンなどのご飯類、餃子なども揃ってて、いわば中華食堂的な感じだ。

ランチタイム限定のおトクそうなセットメニューもあるみたい。

ランチメニュー

メニューの中でも見逃せないのが「純レバ丼」だ。
文字もデカデカと案內されてて、「知ってる?菜苑、食べてる!純レバ、行こうよ☆亀戸」なる案内が書かれてる。

なんとも「純レバ丼」という響きが、お腹を空かせてくれる。。

なんだろう。レバーは比類なき好物ではあるが、「純」が付くだけでなんともソソられるものがある♪

メニューの中から選ばない理由が見つからない「純レバ丼」をお願いしてみた。

お昼時はラーメンと純レバ丼とのセットがあり、いちおう店員さんから単品でいいのか確認される。

単品でオーダーすると厨房内の店員さんが「ドーン♪ドーン♪」と大きな声でオーダーを通してくれる。

純レバ丼というと、浅草の「菜苑本店」や「あづま」が有名で、いつかは食べたいなと思ってた宿題丼。

まさかこの亀戸で純レバ丼が食べられるとは嬉しい限りだ!なんだか小岩にもお店があるみたいやし♥

カウンター上の卓上調味料類

店内はランチタイムということもあり、亀戸界隈のサラリーマンの方やOLの方、ジモティの方を中心ににぎわってる。

亀戸駅からも錦糸町駅からもビミョーに離れてて、お客さんは亀戸界隈の方が中心。
店員さんと常連さんの会話もはずみ、まさに街の大衆中華食堂という感じだ。

そして10分ほどで純レバ丼が供された。

純レバ丼

純レバ丼

ぬぅおおおおおお〜!
ネギ山盛り感がビューティフルすぎる。

山のようにネギが盛られた純レバ丼

大きめの深皿に盛られた純レバ丼。
炒められたレバーと緑の長ねぎのコントラストが、なんともウマそうだ。

まずはレバーのみで頂いてみた。

たっぷりのレバー

若干トロミのあるタレで絡められた鶏レバーは、一口で口に入るよう小さく刻まれてる。

味付けは濃厚なタレに絡められてて、まず甘さが先行するが、辛味もしっかり後から効いてくる。ぐはっ、ウマイ!

なんだろう、甘いんだけど辛さも付いてくる絶妙な味付け。

辛さは唐辛子的な辛さとラー油な辛さが効いてくる。

これはまさにビールのツマミや御飯に合いそうなグッドジョブな味付けだ。

純レバ丼を横から見たところ。ネギの山盛り感がサイコー

てんこ盛りネギを絡めて食べると、これまた絶品。

長ネギの辛味と、ほろ苦さ。そしてシャキシャキ感が甘辛く絡められたレバーによく合うなぁ。

レバーと御飯をレンゲですくってみた

ごはんはてんこ盛りネギに隠れてあまり見えない。

この御飯と純レバー、そしてネギを混ぜ混ぜして食べれば、辛さとレバーのウマサでもうスプーンが止まらない。超デリシャス♪

付け合せのスープ。表面にネギがたっぷり

付け合せは、あっさり目の中華スープ。
中華屋の鶏ガラ醤油とちがう、アッサリ目の味わい。

スープも汁の表面にタップリとネギが浮いてて、まさにネギまみれ♪
甘辛い純レバーのインターバルとして、美味しくすすれる。

甘辛く炒められたレバー

そして純レバ丼を食べ続けるのだが、ネギてんこ盛りビジュアルから、はじめはレバーが少なめに見えたのだが、これが意外と多め。

けっこう多めの御飯とレバーで1:1ぐらいの感覚で食べられる。

純レバ丼単品@スープセット

ごはんだけ残ってしまうとか、レバー多すぎとか(こちらは嬉しいが、、)なんてこともなく、最後まで御飯とレバーをガッツリ絡めて完食だ。

店頭の「味自慢ラーメン」と書かれた白いノレン

食べてみると、

ごはん加速前提の独特の甘辛い味付けの純レバ丼。レバーもたっぷり目やし、てんこ盛りネギもスバラシく、大満足の一品だった。

菜苑の前の通りに面した亀戸天神の入口のゲート

特筆すべきは、独特の甘辛い味付けだろう。
レバーというと、ニラレバ炒め的なあのタレとか、焼鳥とかのタレが想定されるのだが、甘さの後に辛味が襲ってくる独特の味付けは、まさに御飯やビールのお供にピッタリの味付けだった。

亀戸天神の鳥居

しかも、生々しいネギと絡めるという合わせ技がスバラシイ。

シンプルにレバーをネギのみで味わう。

レバーと独特の甘辛い味を優先したからこそ、他の野菜などを入れずに、薬味的ネギのみに留めたのかと思われた。

亀戸天神から見たスカイツリー

なんとなく、純レバーの「純」とは、レバーの美味しさをピュアに味わってもらいたいという、菜苑さんの気持ちのあらわれなのかと思われた。

でもやはり「純」がつくと、無性に気になるんだよなぁ。。

菜苑の前の通り

亀戸でレバー気分の時はまたおじゃましたい。

次回はビールと共に御飯ナシの純レバ炒めを食べてみたいなぁ。

天神橋から見たスカイツリー

ご馳走様でした〜♪

店名:菜苑 「さいえん」
TEL:03-3637-9529
住所:東京都江東区亀戸3-1-8
駐車場:目の前の通りと川沿いにコインパークあり
最寄駅:錦糸町 亀戸
営業時間:12:00~翌2:00
定休日:日曜,第4月曜(※要確認)

スポンサーリンク
jun-rebadon-saien-kameid-05-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!