狂気のデカ盛り唐揚げ定食!ガッツリ派ご用達!とんかつ三田 日吉

GR0004687df-icon_mini

日吉駅西口から歩いて1分ぐらい。駅前から広がる扇状に伸びる日吉商店街のサンロード通りにの中に、とんかつ三田日吉店さんはあります。

スポンサーリンク

とんかつ三田@日吉

とんかつ三田@日吉のお店の外観

ラーメン屋やつけ麺屋さんが立ち並ぶ地帯にあり、和風で昔ながらの佇まい。

店頭の豚の絵が書かれた看板

店頭の看板に書かれた豚の絵と、ノレンの「とんかつ」の文字が目印だ。

店頭にはエアコンの室外機が積み重ねて置いてあり、引き戸1枚分だけ開けられる状態だ。

店頭のサンプルケース

サンプルケースにはオススメメニューも飾られてて、ランチメニューも価格表示されてる。明朗会計なんで安心して入店可能だ。

まずはノレンをくぐり入店してみた。

店内は厨房に面したカウンター席と、4席テーブル卓が4つほどの、割りと小ぢんまりとし佇まい。

店内のカウンター席

店は非常に狭いのだが、近くの慶應義塾大学の学生さんやサラリーマンの方で満席状態でにぎわってる。

あとから入ってきて「満席なんでゴメンナサイ」で入れない方もいるほど時間帯によっては人気のお店だ。

まずはカウンター席に座り、メニューを見てみた。

スポンサーリンク

メニュー

ランチタイム11:00〜15:00までのオール770円メニューと、サービス定食17:00〜22:00の870円定食に分かれてて、ランチがお得な感じだ。

ランチメニューとサービス定食メニュー
  • とんかつ定食
  • オニオンメンチ定食
  • 鳥からあげ定食
  • チキンカツ定食
  • アジフライ定食
  • ハムカツ定食
  • 焼肉定食

のラインナップ。アジフライ、ハムカツが揃ってるあたりは、飲兵衛の強い味方だなぁ。

夜のサービス定食は若干メニュー数が限定されてるようで、いろいろ選びたいならランチタイムが良いようだ。

壁にはグランドメニューも貼りだされてて、

イカフライ、カニコロッケ、ロースカツ、ヒレカツなどのレギュラーメニュー表
  • イカフライ定食
  • カニコロッケ定食
  • 生姜焼き定食
  • ロースカツ定食
  • ヒレカツ定食

なんかも揃っているようだ。

筆頭メニューは、お店の看板メニューでもあろう「とんかつ定食」なのだが、なぜだか店内で食べられてる方のほとんどが「唐揚げ定食」を食べられてる。。

しかもジャージを着た体育会系の学生なのか、食べ盛り間違いなしの方を中心に人気が高いようだ。

これは食べてみんとアカ〜ン!

というわけで、唐揚げ定食をお願いしてみた。

卓上の調味料類

店内は休日のランチタイムすぎにも関わらず、ほぼ満席状態。

1Fだけのお店かと思いきや、満席の時には2Fにも案内されてるようで、実は結構なキャパがあるようだ。

店内にいる常連客と思われる学生グループからは「とんみた」と呼ばれてるようで、きっととんかつ三田の略で「とん三田」なのだろう。。

店頭の紺色のノレン。白い文字で「とんかつ」と書かれてる

和風で落ち着きのある店内は、まさにTHEとんかつ屋という雰囲気なのだが、学生やサラリーマンの多さから、どこなく定食屋的なニオイもする。

BGMは誰も見ていないテレビから流れる民放テレビ番組。
訪問時には休日のワイドショーが流れてるが、誰も見ていない。。

厨房内は大将と思しき方がトンカツや唐揚げを作られてる。

オーダーが入る度に揚げ始める形なので、若干時間がかかるようだが、揚げたてが食べられる喜びを差し引けば、待ち時間はノープロブレムだろう。

そしてオーダーから15分ほどで、唐揚げ定食が供された。

鳥からあげ定食

鳥からあげ定食

ぬぅおおおおお〜!!

皿の上にテンコ盛り状態の唐揚げ。
山のように積み上げられた唐揚げは、まさにマウンテン!!

揚げ色は若干濃い目だが、なんともウマそうな色合いだ。

皿にテンコ盛りに盛られた唐揚げ

まずは唐揚げを頂いてみた。

カラッと揚がった唐揚げを箸で持ち上げてみた
衣サックリ、お肉ジューシーでかなり味わい深いからあげ。

揚げたてアツアツ状態でハフハフ言いながら頬張れる一品。あまり急ぐと上あごヤケド注意報が発令されそうな感じだ。

味付けはニンニク醤油と、唐揚げとしては定番の味付けで、御飯のお供としてワシワシかきこめる。

下味は濃いすぎることはなく、ほどよい味付けになってて、鶏肉の味わいを邪魔しない、絶妙な味付けという感じだ。

2つに切られた唐揚げの断面

1つあたりの大きさはコブシ大サイズなんでカナリデカイのだが、食べやすいように一口サイズに切られてる。

一口サイズに切られてるのだが、コブシ大サイズの唐揚げが4個ぐらい入ってて、半分に切られたサイズが世の唐揚げの標準サイズぐらい。

ということは、標準サイズなら8個ぐらい盛られてる計算になる。

いや、見た目的には10個前後ありそうな感じさえする。。

唐揚げを箸で持ち上げてみた

切られた断面からは肉汁があふれ出て、視覚的にも肉汁じゅんわり感が分かる。

大盛りの唐揚げ定食

唐揚げ自体は素揚げではなく、若干衣を付けて揚げられてるので、カリカリクリスピーな部分もあるが、ふんわり衣の適度な余韻も楽しめる。

唐揚げの脇に盛られた千切りのキャベツ

唐揚げの脇にはキャベツが大量に盛られてる。
かなり多いカラアゲの量に見合うほどのキャベツの量なので、野菜不足の現代人にはアリガタイ限りだ。

キャベツ用のドレッシングなどは卓上に置かれていないので、とんかつ用のソースをかけて頂く。これがトンカツ屋として一番シンプルなキャベツの食べ方だろう。

茶碗に盛られた御飯。オカワリ無料。

御飯は、とんかつ屋の御飯らしく、若干かための炊き加減。

唐揚げのお供として、ワシワシかき込むのだが、唐揚げの量がかなり大盛りなので、当然無料のおかわりを頂く。。

お椀に入れられたモヤシ入りの味噌汁

汁物は、もやしとカイワレの入った味噌汁。
やさしい味付けにモヤシたっぷりで、なんだかホッとする味わい。コチラも当然オカワリだ♪

テンコ盛りの唐揚げ定食

そして、唐揚げを食べ進めるのだが、やはりカナリの量なので、全4個中の3個食べたくらいでかなり満腹モードになる。

3個とはいえ、世の標準的な唐揚げの2倍以上ありそうなコブシサイズ超えなんで、おそらく3個で世の標準サイズ唐揚げの6〜7個分に相当しそうだ。

小皿に盛られた漬け物。キューリのキューちゃん

最後は付け合せのキューリのキューちゃんの漬け物と、残る唐揚げをワシワシかき込む。

なにげに、ごはんオカワリ前提なのか、キューリのキューちゃんもカナリ多めに盛られてて、最後の御飯のお供にも事欠かない。

店頭のノレン

食べてみると、

盛りの良すぎる唐揚げに、ゴハン味噌汁オカワリ無料!

今回とんかつモードでの訪問ではあったが、予定変更の唐揚げ定食が嬉しい誤算で、から揚げ好きにのワシにはタマラナイ一品と言えた。

とんかつ屋ならトンカツを喰うべきかと思われたが、周囲を見回すと唐揚げ定食の嵐。

食べてる最中も唐揚げのオーダーがカナリ多く、トンカツ屋という名の羊の皮を被った唐揚げのオオカミ的な感じがした。

お店の前のサンロード通り

特筆すべきは、とんかつ三田さんのステキな存在だ。

奇をてらわないフツーのトンカツ屋なのだが、定食やグランドメニューの数々もカナリ安い。そしてオカワリ無料の御飯は標準装備♪

素直に、大学近くのトンカツ屋と考えても、770円でこの唐揚げの盛りはパフォーマンスが高すぎるし、量の多い唐揚げを提供すること=無料のゴハンお代わりが前提となってるような気すらした。

日吉駅西口から伸びるサンロード通りの黄色いゲート

学生街のトンカツ屋と言ってしまえばそれまでだが、このテンコ盛り唐揚げ定食が770円で食べられる喜びは、唐揚げ好きなら是非味わうべき一品かと思われた。

大学近くの飲食店ともなると、ラーメンやつけ麺、ハンバーガーなどの若者向けの飲食店が人気を博すのは時代の流れかと思うが、バランスの取れた定食を出す「とんかつ三田日吉」さんのような存在こそが、これから日本を担っていく若者達の胃袋を健全な食事で支えてるんだと思ったりした。

日吉駅西口駅前のロータリー

また、ランチタイム770円、ディナータイムでも870円で食べられるガッツリ定食は、胃袋にも財布にも優しい定食屋だと思う。

日吉駅

日吉で定食気分のときは、またお邪魔したい。

次回は基本メニューの「とんかつ定食」を攻めてみたいなぁ♪

日吉駅西口の入口

ご馳走様でした〜♪

店名:とんかつ 三田 日吉
TEL:045-561-5539
住所:神奈川県横浜市港北区日吉2丁目1-8
最寄駅:日吉駅 東急東横線 横浜市営地下鉄グリーンライン
営業時間:11:00~22:00,日祝11:00~21:30
定休日:無休(※要確認)

スポンサーリンク
GR0004687df-icon_mini

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!