フタが閉まらない唐揚げ弁当!デカ5がマジで神レベル!日本亭

お弁当の代名詞といえば、のり弁もいいが、みんな大好き唐揚げ弁当が代表格だろう。

カラッと揚がった唐揚げを御飯とともワシワシかきこむ。お弁当屋では定番中の定番メニュー。

今回は、その唐揚げをフタが閉まらないほど盛ってくれる弁当屋があると聞きつけ、早速訪問してみた。

ほか弁 日本亭

ほか弁 日本亭の外観

お邪魔したのは立川駅近くにある立川錦町店。

黄色いド派手な外観は、通りを歩くだけでも目立ってて、視界に入れないことが難しいぐらいだ。

ほか弁日本亭の店内

店内はかなり狭く、受け渡しのカウンターのみで、まさに対面式お弁当屋さんだ。
広くない店内だがお弁当のメニューが所狭しと並べられててワクワクしてくる。

まずは、メニューを見てみた。

メニュー

お弁当メニュー1。唐揚げ弁当が1番上に書かれてる。
  • デカから弁当 590円
  • Mから弁当 490円
  • デカから台湾風 620円

などなどの唐揚げラインナップ。

メニューの最上段左側を陣取るデカから弁当

唐揚げが最上段にくるメニュー表なので、間違いなく唐揚げ弁当がイチオシ商品だ。

まずは今回の任務でもある筆頭メニュー「デカから弁当」をチョイス。

デカからが3つ入った標準タイプが「デカから弁当」もしくは「デカ3」と呼ばれているようで、さらに唐揚げを追加するならデカ4、デカ5とステップアップしていくようだ。

デカから、Mからの追加トッピングメニュー

呼び方は「デカスリー!」とか「デカファイブ!」みたいなヒーロー戦隊的な呼び方でなく、ベタに「デカサン」とか「デカゴ」で良いようだ。

店内では「デカから6」なる「デカ6」をオーダーす強者もいるようだが、まずは唐揚げ弁当としての通常の個数を試してみたく「デカ5」でオーダーしてみた。

単品メニューとゴハン大盛り、特盛り、メガ盛りのメニュー

揚げるのに少々時間を頂きますの案内がなされるが、揚げたての唐揚げが食べられるのであればノープロブレムだ。

店内には「日本亭の唐揚げ提供のお知らせ」なるものが貼られてて、衣が多いなどの論争があったのちに、現在では肉の量を増やしボリュームアップしているようだ。唐揚げに対する一途な思いを感じるなぁ。

日本亭のからあげ提供変更のお知らせ

その他のお弁当もかなりのラインナップ数で見てるだけでもカナリ楽しめる豊富なメニューだ。

人気丼シリーズ、ハンバーグステーキシリーズ、スクール弁当シリーズのメニュー
  • 幕の内弁当 560円
  • のり弁GO 330円
  • ロースカツ丼 500円
  • ハンバーグ弁当 480円

のり弁ではなく「のり弁GO」なのがムショーに気になるところ。。

その他「スクール弁当シリーズ」なるメニューもあり、、

  • 小学生弁当 490円
  • 中学生弁当 750円
  • 高校生弁当 580円
  • 大学生弁当 650円

中学生弁当が一番高いということは、食べ盛りに合わせたラインナップのことなのか、他の学生の値段の差が非常に興味深い。学生書ナシでも買えるのなら、是非試してみたいおかずの量だ。

カレーや元気丼のメニュー デカから付の弁当のメニュー

全国チェーンの弁当屋だと、ここまでのラインナップはなく定番弁当のみ揃えてるのがフツーなのだが、これだけ圧巻のラインナップだと毎日食べても飽きないしマジで近くにほしい弁当屋だ。

店員さんはオバちゃん一人で切り盛りされてて、まさに「おふくろの弁当屋」という感じだ。

一人で切り盛りされてるので、先客のオーダー数次第ではかなり時間がかかるようなので、時間にゆとりをもって訪問した方がよさそうだ。

そしてオーダーから10分ほどで唐揚げ弁当デカから5、略してデカ5が供された。

まずはアツアツの状態で頂くべく、早速食べてみた。

デカから弁当@デカ5

袋に入れられた唐揚げ弁当だが、弁当が3つぐらい入っているかのようなズシリとくる重さ。

日本亭と書かれた包装紙に包まれたお弁当

袋から取り出してみると、フタが閉まらない状態で、唐揚げが顔をのぞかせてる状態だ。からあげ君コンニチワ!

フタが閉まらず、唐揚げがはみ出してる唐揚げ弁当

弁当のフタが、フタの意味をあまりなしてない感じで、唐揚げがはみ出してるし、弁当の上に添えられた気持ち程度のフタという感じだ。

ほぼ唐揚げで埋め尽くされた、デカ5唐揚げ弁当

フタを開けるとおかずソーンを占拠する唐揚げ陣たちがインパクト絶大で、御飯の存在が非常に少なく見えてしまう。

ゴハンが少ないわけでもなく、弁当容器が小さいわけでもなく、ただ唐揚げがデカすぎるのだ。

デカから5唐揚げ弁当の全体図

唐揚げは大人のコブシ大の大きさで、テニスボールよりチョイ小さいぐらいのレベル。世の標準的な唐揚げの3個分ぐらいに相当する大きさ。

デカからを箸で持ち上げてみた

一口では口に含めないので、正確にいうならカジリながら食べ進める。

ひとくち食べてみると、衣はサクサクカリカリ状態で香ばしく揚がってる。

弁当の容器から盛り上がってる唐揚げ

鶏肉はジューシーで食べるごとに肉汁がじゅわっとあふれてうまい。カジル時には肉汁飛び出し注意報が発令さそうな勢いだ。

味付けは唐揚げ定番のニンニク醤油のようだが、にんにくは抑えめで醤油の旨味がガツンと効いてる唐揚げ。

容器にビッシリと詰まった唐揚げ

下味シッカリの唐揚げなので、当然ゴハンも進む!普通盛りのゴハンだと唐揚げの量に対して明らかに足りないので、ガッツリ派ならゴハン大盛りは必須だろう。

ゴハンと唐揚げのみのシンプル弁当なのかと思ったが、唐揚げの下の小分けゾーンには、ヒジキとピンクの漬物がある。

唐揚げの下に隠れてるヒジキとピンクの漬物

ヒジキもピンク漬物も標準的な量なのだが、唐揚げがデカすぎるので、ほんと質素に見えてしまう。。

そして唐揚げを食べ進めるのだが、唐揚げの量がかなり多く、唐揚げ3つ食べたあたりでカナリお腹いっぱい。デカから弁当の標準である、デカ3レベルが標準ということが納得できる食べ応えだ。。

ただ、唐揚げ好きのワタクシにはノープロブレム。残る唐揚げもガツガツかきこみ完食。

食後はしばらく動けなくなるほど、超満腹状態だ。。

食べてみると、、

日本亭の筆頭メニューである「デカから弁当」。
今回は標準品に2個追加してデカ5として頂いてみたが、1つあたりの大きさも想定以上で、唐揚げ好きとして大満足の1品であった。

フタが閉まらず、唐揚げがはみ出してる唐揚げ弁当

特筆すべきは、大きな唐揚げもしかり、フタの閉まらない盛り加減だろう。

唐揚げ5個とはいえ、1個あたりの唐揚げも大きく、フタが閉まらないレベルの盛り。

かなり無理矢理に詰め込んだ感のある唐揚げ弁当ではあるが、唐揚げ好きのハートを撃ち抜く、フタの閉まらなさがタマラナイ。

フタの機能をなしてない感じは、むしろ別容器に入れてゴハンと分けたほうが良いのでは?とも思うのだが、そこはやはり標準的な容器に入れてナンボ。

唐揚げで溢れてる唐揚げ弁当

この詰め込み感こそが、唐揚げをガッツリ食べたい者の心を射止めるのだろうし、ワタクシは射止められた。。

アツアツ揚げたての唐揚げもカナリうまいし、1個あたりもかなりの食べ応え!

そしてフタの閉まらないレベルで盛ってくれてヒデキカンゲキ状態!まさに唐揚げの神降臨だ!

まさに舌にも目にも楽しめる唐揚げ弁当に大大満足!

唐揚げ弁当好きの方やデカ盛り系好きの方は、ぜひ一度は試してみては如何だろうか。

日本亭の近くに行くときは、またデカから弁当を試してみたいなぁ。

次回はデカから6かな。。

ご馳走様でした〜!

店名:ほか弁 日本亭 立川錦町店
TEL:042-528-3520(予約可)
住所:東京都立川市錦町1-6-15
最寄駅:立川駅
営業時間 10:00~21:00 L.O.20:45
※お弁当日本亭オフィシャルサイト→ほか弁日本亭  店舗案内

 関連記事