銀星食堂「ギンセイショクドウ」(札幌/定食)カツ丼大盛り

札幌駅近のガッツリB級定食屋。盛りがイイ「銀星食堂」

R0021888-01.jpg

札幌駅北口から歩くこと10分ぐらい。

ヨドバシカメラの前の道をてくてく歩いて、突き当たりのT字路の交差点にお店はありました。

R0021885-01.jpg

白い暖簾に「銀星食堂」と書いてあるのが目印で、ビルの1Fにある目立たない外観です。

R0021852-01.jpg

店内はテーブル席とカウンター2席で、学生さんやリーマンの方々で賑わってます。

お昼時でしたが外には若干の待ちの列が出来てました。

R0021845-01.jpg

2席しかない厨房に面したカウンターVIP席に着席。

温かいお茶と冷たい水が出されます。寒い北海道はこれがフツーなのかな〜?

R0021880-01.jpg R0021882-01.jpg

メニューはカウンター上にある札に書いてあります。

マジックで書かれてカナリ薄くなってて、価格のところだけは貼り直しで良く見えますが、近寄って目を凝らして見ないとメニュー内容は見えません。

常連さんも日替わりを確かめるのとメニューを見るのに一度カウンター前のメニューのところまで来てオーダーしてます。
メニューは、
オムライス 610円
チキンライス 560円
チャーハン 560円
カツ丼 660円
トンカツ定食 660円
醤油ラーメン 510円
ヤキソバ 480円
レバニラ定食 560円
カツカレー 610円
などなど。どのメニューもリーズナブルにいただけるようです。

今回は訪問前から決めていた「カツ丼大盛り」をオーダー。
大盛りは80円アップらしく740円、大盛りカツ丼でこの価格はありがたいですね。

R0021838-01.jpg

カウンター席の目の前には日替わりのA定食とB定食のサンプルが置かれてます。

A定食はハンバーグ、B定食は厚い身のホッケでした。

B定のホッケの分厚さと大きさは、北海道ならではの感じで豪快ですね〜。

すべての定食はオーダーの際には御飯の盛りを「茶碗」か「どんぶり」でオーダーできるようでした。

厨房内では大将と女性の2名で切り盛りされてます。
オーダーの入った順に野菜を切ったり肉を叩いたりと丁寧な作りようです。
順番に一から作るシステムなので混み合ってると時間がかかりそうです。

R0021856-01.jpg

そして20分ぐらいでカツ丼大盛りが供されました。

おおお〜!

丼の上にこんもりとカツ丼の具材が盛り上がってます。
盛り具合は山盛りのかき氷っぽい感じで上には刻み海苔がかかってますよ〜。

作るところから見れたのですが、メチャメチャでかいカツを切り分けて、大盛りの御飯にタワーのように積み上げて、最後に上から卵などの具材の入ったダシ汁を丁寧にかけてカツをしんなりさせるようです。

まずは上に乗ったカツをしばらく食べてから御飯に到達できました。
カツはサクサク感が残った感じで旨いです。

ロースなのか脂身具合もイイカンジ。

R0021872-01.jpg

上からかけられた出汁の具材は卵、タマネギ、かまぼこ、シイタケが入っています。
シイタケは出汁を取ったものがそのまま入っているようで、味の染み込み具合はバツグンで旨いです。

カツ丼に入っているカマボコは珍しいのですが、分厚くプリッとしていて、普通のカツ丼にはない食感が楽しめてこれはイイですね。

上に盛られたカツも多かったのですが、カツに対して御飯の盛り具合がかなり多すぎて、最後の方はかなり苦戦しました。。。

R0021874-01.jpg R0021876-01.jpg

食べてみるとカナリの御飯の量でしたが、カツ丼の出汁の味付けはシイタケ出汁の優しい味わいでしたので、クドくなくさっぱりとカツ丼が頂け、ナカナカの山盛り具合にも大満足でした。

札幌に来たらまたお邪魔したいと思います。

次回は札幌の上品なマダムたちが食べてたオムライスを食べてみたいと思います。
ケチャップオムライスで旨そうでしたね〜。ぜひ大盛りで。。(汗)

店名:銀星食堂 (ギンセイショクドウ)
TEL:011-716-0438
住所:北海道札幌市北区北七条西7-1
最寄駅:札幌駅,さっぽろ駅
営業時間:11:30〜14:30,17:00〜20:00
定休日:日祝日(※要確認)

スポンサーリンク

 関連記事