オサレで座れる立ち食いそば屋!中目黒駅前の吉そばが新装オープン!

中目黒駅から歩くこと10歩ぐらい。
駅前の山手通りに面した角地に、吉そばはあります。

吉そば@中目黒店

吉そば中目黒店

中目黒駅前の風景といえば、昔から改札出たなら10歩で吉そばがトレードマークだったが、1年ほど前からビル建て替え工事のため閉店していた。

その吉そば中目黒店が、ビル建て替えも完了し11月3日にリニューアルオープンしたということで、早速駅前立ち食いそばを堪能してきた。

中目黒駅ガード横にある吉そば中目黒店

場所的には中目黒の山手通り側の改札を出たら左手に10秒。東横線の券売機を過ぎたらスグだ。

まずは店頭に置かれた券売機で食券を購入だ。

メニュー

蕎麦、うどんともに同じ値段で設定されてて、、

券売機
  • かけ 280円
  • かき揚げ 400円
  • きつね 390円
  • 天玉 470円
  • えび天 470円

などなどのラインナップ。

メニュー表

冷たい蕎麦うどんも設定されてて

  • もりそば 310円
  • かき揚げ 430円
  • きつね 390円

などなど、温かい蕎麦うどんに比べ若干だが高めの設定だ。

丼とのセットメニュー

以前にはなかった丼ものとの組み合わせメニューも揃ってて、

  • かき揚げ丼セット 550円
  • えび天丼セット 610円
  • 牛丼セット 570円
  • いか天丼セット 570円

なんてのも選択可能だ。

単品もののメニューボタン

久々のナカメの立ち食いそば「吉そば」で、どの蕎麦にするか悩ましいのだが、やはり立ち食いそばの代名詞とも言える(?)「天玉そば」をポチッと押してみた。

吉そばのメニュー

食券を取ったら店内のカウンターで店員さんに渡し、ここで蕎麦かウドンか、並盛りか大盛りかを宣言する。

大盛り無料の案内

ちなみに吉そばは、いつでも大盛り無料という心の広〜い待遇をしてくれる。かけそば大盛りでも280円でお腹いっぱい♥

蕎麦の受け渡し口カウンター

とりあえず蕎麦で、無料の大盛りを追加してみた。

厨房内は男女4名で切り盛りされてて、麺もの御飯ものの担当に分かれてる。

厨房に置かれた揚げ物置き場

以前の中目黒前の吉そばだと、うなぎの寝床のような狭い店舗が2店舗あり、1号店2号店で不動産屋を挟んで別れていたが、新築されたビルの1F全てが吉そばになってて、店内はカナリの広さだ。

旧1号店

吉そば 中目黒店(中目黒/そば、うどん)大盛り無料〜!

2012.01.29

旧2号店

吉そば2号店(中目黒/そば、うどん)大盛り冷やしかけ蕎麦290円

2012.09.17

吉そば(中目黒/そば)コロッケうどんがイケてる

2013.01.19

ほぼ立ち食いのカウンターで構成されてた以前のお店からはガラリと変わり、椅子のあるカウンター席がメインで、立ち食い席はほんの4名分ぐらいにとどめてある。

店内のカウンター席の椅子

店内の雰囲気も、昨今の蔦屋やスタバが存在する中目黒駅に合わせたのか、オシャレな雰囲気。

以前は、ほぼ立ち食いオンリーの狭いお店で、ササッと食って帰るような殺伐とした空気感だった。

まさに演歌が聞こえてきそうな雰囲気だったのだが、椅子付きのオシャレ感漂う店内ではBGMもお洒落なインストゥルメンタルになってる。

心なしか客層もサラリーマン中心の男子オンリーではなく、女性や若者も多く、かなりの賑わいだ。

店内から見た中目黒駅

そして食券を渡して1分ほどでトレーに載せられ蕎麦が供された。

蕎麦を受け取ったなら空いている席へ。
早速頂いてみた。

天玉そば

天玉そば

かき揚げと玉子、そしてネギが盛られたシンプルなビジュアルだが、なかなか美味そうだ。

まずは出汁を啜ってみた。

黒いそばの出汁

関東蕎麦ならではの真っ黒な蕎麦だしは、カツオなどの出汁がシッカリ効いててパンチがある。

店頭に書かれた吉そばのこだわり

店頭にも書かれてあったが、創業124年の伝統で培われた本醸造の醤油を使用してあり、化学調味料、着色料を使わず、国産そば粉、国産野菜を使用してあり、立ちそばだがナカナカのコダワリ様だ。

蕎麦の麺

麺は白い細麺で、プリッ押した歯ごたえと柔らかさが特徴の細麺。押出しの強い麺ではないが、やはり立ち食い蕎麦はこの柔らかさが安心感がある。

麺量はカナリの食べ応えで、成人男子なら大盛りの選択肢で十分に満足できる量だ。

かき揚げ

かき揚げはタマネギを中心に揚げられてて、スープが衣をほどいてくれる。

出汁でほぐれたかき揚げ

麺をすする間に甘みのあるタマネギのかき揚げが口の中に広がり、ホツコリとさせてくれる。

生玉子

玉子は生卵そのものが投入されてて、黒いダシ汁と共にツルッと啜ると、口の中がワンダフルな状態になる。

ただの生玉子なのだが、立ち食いそばの中にある玉子は高級品とも呼べる存在で、まさにメインイベントとでも言うべきか。。天玉そばの中では主役なのだ。

そして蕎麦麺を啜り続けるのだが、やはり大盛りにした分カナリの食べ応え。

卓上のお箸と七味などの調味料

でも蕎麦なのでスルッと胃に収まり完食。
最後はカツオなどの出汁の効いたスープも飲み干してしまった。うまし!

食べてみると、、

中目黒の駅前で啜る、立ち食いそば。吉そば。

1年前に駅前にある吉そばがなくなって、心のどこにポッカリと穴が空いたようなで寂しさがあったが、今回同じ場所にリニューアルオープンしてくれて、なんとなくホッと一安心という感じだ。

やはり、昔から中目黒駅前といえば立ち食いそばがあることは日常の風景だったし、中目黒駅を利用する人の胃袋を支えてきたのは紛れもない事実だろう。

長らく姿を消している間に、スタバやツタヤ、ガード下にはオサレなお店がオープンするなど、中目黒駅周辺も様変わりした。

でも昔から変わらない駅前の立ちそば「吉そば」の存在こそ、ナカメのいつもの風景だし、心のどこかで吉そばがあることの安心感みたいなものがある。

吉そばのノレン

新しいメニューには丼ものとのセットが加わったり、店内も椅子が設置されたりで様変わりした吉そば。

お店の雰囲気もTHE立ち食いそばという雰囲気ではなく、誰にでも使いやすいお店に変わり、立ちそばへのハードルも下がったのかと思われた。

これから中目黒駅を利用される蕎麦好きの方は、ぜひ駅前の立ち食いそば「吉そば」を試してみてはいかがだろうか。

中目黒駅前の昔ながらの立ちそばが体験できると思う。

吉そば中目黒店

中目黒に来る時はまたお邪魔したいな。

次回は丼とのセットメニューも試してみたい。とくに「いか天丼セット」が無性に気になる。。

ご馳走様でした〜♪

店名:吉そば 中目黒店
TEL:03-6451-0550
住所:東京都目黒区上目黒3-3-5
最寄駅:中目黒より10秒
営業時間:24時間営業
定休日:年中無休
※2017年11月3日新装オープン

 関連記事