ネパリコ NEPALICO(渋谷/ネパール料理、カレー)ダルバートが旨い

ネパールのやさしい家庭料理のダルバートが旨い。「ネパリコ」

ネパリコのお店の外観

渋谷からセルリアンタワー方面に登ること5分ぐらい。
246号の玉川通りから一本入った通りにお店はありました。

ネパリコ店頭の立看板の日替わりカレーメニュー

外観はウットデッキ席を備えてあり、入り口の立看板には本日の日替わりカレーの内容が書かれています。
赤いネパールの国旗(かな?)が目印ですね。

ネパリコの店内はオシャレな感じ

店内はオサレな感じで、女性を中心にほぼ満席。

この界隈では人気のランチスポットのようで、待ちのお客さんも何名かいますね。

テーブル席と壁に向かったカウンター席の構成です。

ネパリコのメニューその1

メニューにはお店と料理のダルバートの紹介がされていて、
「インドとチベットの間にある国ネパールの家庭料理です。暑くなく過ごしやすい気候のせいか辛すぎずマイルドな味わいが特徴です。。。」と書かれてます。

「ダルバートとはダル(豆のスープ)+バート(ご飯)、日本で例えればご飯とお味噌汁です。」とのこと。。
なるほど、ネパールの家庭の味なんですね。

ネパリコのランチメニュー2

ランチのメニュー内容は、
ダルバート ノンベジ 980円(ダルスープ・タルカリ・チキンカレー・アツァール・ライス)
ダルバート ベジ 880円(ダルスープ・タルカリ・アツァール2種・ライス)
ダルスープ 700円(ダルスープ・チャパティorライス)
バンブースープ 800円(バンブースープ、チャパティorライス)
日替わりのカレーライス 850円(この日はキーマカレーでした)

ランチタイムはサラダ、ミニチャイ付き。ダルバート注文の時はダルスープお代わり無料+ライス大盛り無料です。

店員さんに料理の内容を教えて頂き、ダルバートノンベジをオーダーしてみました。ライスの大盛りもお願いしてみました。

ダルバートノンベジ

10分ほどで丸いトレーにのった料理が供されました。トレーは銅のような色をしています。
店員さんが「食べ方や料理の内容をご説明しましょうか?」との案内が、、
是非是非〜♪でお願いしました。

店員さんの説明はとても丁寧で、親切に教えてもらえます。初訪問の人には嬉しいですね〜。

詳しく説明を聞いて解ったのは、「要は、混ぜる!」ことみたいです♪

ダルスープ
まずはダルスープを頂いてみると、豆が煮崩れてしまうほどに煮込まれていて、豆のエキスがシッカリ染み出してます。サラリとしたスープだが食べるほどに味わい深くて旨いですねー。

チキンカレーチキンカレーはチキンがたっぷり卓上の唐辛子で辛さを調整 ダルバートの皿の上にも辛味がついてます

チキンカレーは辛さは抑えられてるがスパイスはほんのり効いてます。卓上の辛味もありますので辛さのコントロールは出来るようです。

チキンはごろりと入っていて柔らかく煮こまれてますよ。

チキンカレーをライスにシャバシャバとかけてみた

器の底には煮崩れたチキンがが溜まってますね。この煮崩れたチキンをご飯の上にドバーっとかけて混ぜ混ぜ〜♪
辛さ抑えめのサラサラ目のカレーはライスにシャバシャバと馴染んで旨いですね〜。

タルカリはじゃがいもとインゲン

タルカリはジャガイモとインゲンが入っていて、ジャガイモはホクホクで崩れる寸前。肉じゃがの少しとろけたホロホロじゃがいもの感じです。
ほんのりと体によさそうな薬味の風味が漂ってます。

御飯は大盛り無料です サラダもたっぷり

御飯は大盛りでしたが、食べざかりの成人男子にはフツー盛りぐらいの量かな。
サラダも付いててお野菜しっかり補給できました!

シナモンの香りがする温かいチャイ

最後は温かいチャイをいただきました。

シナモンのかほりがホンノリとするチャイで、寒い冬には温まりますね〜

食べてみると、ネパールというとインド方面のスパイシーな感じがあるのかと思っていたが、辛さは至っておさえめで優しい味わいでした。

素材本来をシッカリ煮込んだ優しい味わいのダルスープやチキンカレー、タルカリなど「ほほう、ネパールの家庭料理とはこんな感じなんだな〜。まさにネパールのソウルフード!」と実感できました。

次回は夜に訪問してネパールの夜の家庭料理も味わってみたいな〜♪

店名:ネパリコ (NEPALICO)
TEL:03-6416-1827
住所:東京都渋谷区桜丘町30-18 メイサ南平台1F
最寄駅:渋谷駅(西口、バスロータリーとかモヤイ像のあるほう口)
営業時間:ランチ 11:30〜15:00,ディナー18:00〜23:00(L.O.22:30)
定休日:日祝日(※要確認)

スポンサーリンク

 ■関連記事

 ■みなさんのツイート!