博多ラーメンセンター(飯田橋,九段下/博多豚骨ラーメン)

豚骨臭おさえめのシッカリ豚骨。博多屋台の味がする「HRC博多ラーメンセンター」

IMG_1980-01.jpg

飯田橋から歩くこと5分位。
目白通りから一本入った細い路地にお店はありました。

外観は青いテントになっていて「博多ラーメンセンター」と書かれています。

看板にはHRC(ハカタ ラーメン センターの略?)のロゴも見えますね。
店頭には博多弁でうんちくが書かれてます。

IMG_1976-01.jpg

店内に入るとカウンター席のみでケッコウ狭い感じです。

店員さんは若い男女の2名で切り盛りされてます。

IMG_1974-01.jpg IMG_1975-01.jpg

まずは券売機で食券を購入します。

ノーマルのラーメンは580円と都内豚骨ラーメン価格としては格安ですよ。
その他、
博多ネギラーメン750円
チャーシューメン900円
特製ラーメン800円なんてのもあります。

しかも11時〜17時まで御飯(大、中、小)サービス中ではありませんか。スバラシイ〜!

ただ、替玉が150円なのがチョト高い、、、ベースのラーメンは頑張ってるのに、、、東京なんでアリですかね。。。

開いている席に座り食券を渡し麺の硬さをオーダー。

いつもどおり麺の感じを確かめるべく「バリカタ」でオーダーしてみました。

それから3分ほどでラーメンが供されました。

肌色のスープには油がうっすらと浮いていて美味しそうですよ。

IMG_1961-01.jpg

まずはスープを一口啜ると、シッカリとした豚骨の旨みが漂います。

豚骨独特の臭みは少なめなので、豚骨臭がダメな人にも案外いけるかも。

一口目の印象としては「おほほ〜、博多の屋台の味を彷彿とさせるばい!」という感じですね!

IMG_1953-01.jpg

麺は細麺ストレート。博多極細まではいかないが、博多ラーメンとしてノーマルな細さ。

バリカタでの食感も良く、粉っぽさもあり、美味しく啜れますよ。

IMG_1963-01.jpg

トッピングはチャーシューとネギのみ。
薄く切られたトロトロのチャーシューは口に含むと溶けてなくなるほど。若干脂の付き具合が多い。ケッコウ好きかも。。。

IMG_1965-01.jpg

そして恒例の替玉をオーダー。

またまたバリカタでオーダーしてみました。
1分ぐらいで小さい鍋に盛られた替玉が供されました。麺の上にはネギが少々乗せてありますね。

IMG_1970-01.jpg

早速どんぶりに投入して卓上の辛子高菜をオン!
さらに上からゴマをタップリ振りかけて麺をスープに広げました。

IMG_1964-01.jpg

辛子高菜は辛さは抑えめだが、スープに広げると味に締まりが出て、一杯目と違った味を楽しめますね。

からし高菜を投入したスープがカナリ美味しく、替玉麺を完食後にスープ全飲みしてしまいました(^_^;)

IMG_1972-01.jpg

丼の底には豚骨の髄だろうか、粉がたっぷり残っていて豚骨濃度の高さがうかがえましたね!

豚骨の濃度に関してはイイカンジなのだが、豚骨の臭みは抑えてあり、豚骨臭さがダメな人にも受け入れやすい豚骨ラーメンでした。

IMG_1984-01.jpg IMG_1986-01.jpg

家に帰り感動に浸ってWEBで調べたところ、実は博多や二子玉川にある博多濃麻呂(こくまろ)で修行してた方がやられているようでした。
後々ながら味も価格もなるほど似ているな〜という感じでしたね。

しかも写真に写ってたのですが、醤油は博多の名門の醤油で、福岡大名にある「ジョーキュウ醤油」を使われているようでした。
近くに行った時はまた豚骨補給したいと思いますね。博多ラーセン!

次回はトロトロのチャーシュー麺を食べてみたいな(*^_^*)

店名:博多ラーメンセンター
TEL:03-3263-1023
住所:東京都千代田区飯田橋1-8-7
最寄駅:飯田橋、九段下
営業時間:月〜金11:00〜0:00,土祝11:00〜20:00
定休日:日曜日(※要確認)

1 個のコメント

  • 飯田橋“博多ラーメンセンター”

    2012年76杯目ですな。

    最寄:飯田橋
    電話:03-3263-1023
    住所:東京都千代田区飯田橋1-8-7
    定休:日曜
    平日:11:00〜0:00
    土曜:11:00〜20:00

    飯田橋界隈のお客様を訪問時にコチラまで。
    昼メシを…