ランチは行列ができる池袋の人気洋食屋!キッチンABC池袋東口店

池袋駅東口から歩くこと5分ぐらい。
ジュンク堂書店の脇の細い通り沿いにキッチンABCはあります。

キッチンABC@池袋東口店

キッチンABC池袋東口店の外観

店頭には「キッチンABC池袋東店」と書かれたオレンジ色の看板がデカデカと掲げられてるのですぐにわかりますね。

店頭にはメニューの一覧やサンプルケースもあり、明朗会計。
安心して入店可能だ。

店頭のメニュー案内1

お昼時には店頭に行列ができるほどの人気店で、まずは行列の最後尾に並び入天を待つ。回転が良いのですぐに案内され入店へ。

まずはメニューを見てみた。

メニュー

メニューはレギュラーメニューとオススメ品に分かれていて、、

レギュラーメニュー

キッチンABCのメニュー`
  • 焼肉(ABCの原点、”元祖”ポークタレ焼きです。)800円
  • 豚からし焼肉(黒コショー、自家製塩こうじを使用しております。)800円
  • カレー風味焼肉(寺門ジモン氏考案スパイシーなカレー風味焼肉です。) 800円
  • レモンからし焼肉 (豚からしにレモンをきかせ、さっぱり仕上げました。) 800円
  • オリエンタルライス(特製秘伝のタレで炒めた、豚肉、ニラを御飯の上にのせ、生卵を落とした当店NO.1人気メニューです。) 780円
  • インディアンライス(豚肉、玉ねぎ、ピーマンを甘醤油タレで炒め、ふんわり卵を絡めた洋風卵とじです。) 780円

などなどのラインナップ。

お得なセットメニューもあり、レギュラーメニューの焼肉やオリエンタルライスに、

  • Aセット カニクリームコロッケ
  • Bセット メンチカツ
  • Cセット チキンカツ

なんかも準備されてる。

その他、定食類だと、、、

キッチンABCんおメニュー2
  • 自家製手ごねハンバーグ 950円
  • 特盛りA・B・C ハンバーグ&ポークジンジャー&若鶏ソテーのトマトソースを盛り合わせた一品です、 1200円
  • 若鶏のソテートマトソース 950円
  • ジャンボ焼き 肉と豆腐をニンニクがきいた特製タレで煮込みました。きゅうりとネギの食感と香りがアクセントの一品です。 900円
  • ジャンカラ ジャンボ焼きの”辛旨”バージョンです。 900円
  • チキン南蛮タルタル 850円
  • チキン南蛮タルタルセット(A焼肉、Bからし焼き、Cハンバーグ) 980円

サービスセットは人気のカニクリームコロッケ+目玉焼きがトッピングされてて980円で

  • Aセット ハンバーグ
  • Bセット ポークジンジャー
  • Cセット 若鶏のソテートマトソース
キッチンABCの店頭の写真付きメニュー

その他、

  • オムライス 880円
  • オムカレー 900円
  • オムカツカレー 1000円

などなどから選択可能でメニューの幅がかなり広く悩ましい。
池袋で定食系が800円前後で食べられると考えると、安いほうだなぁ。

どのメニューを食べようか悩むところだが、悩んだときはお店オススメのメニュー!!という優柔不断な選び方で筆頭メニューの「焼肉定食」でお願いしてみた。

店内の黄色とオレンジのカウンター席上。

店内は厨房んい面したカウンター席と、テーブル席のようなカウンター席になてて、どの席に座っても基本ハイカウンター席の構成になってる。

黄色とオレンジのテーブルはどことなく洋食屋チックな感じもありつつ、ライトな定食屋のような感じもありつつ、肩の力を抜いて楽にいられる雰囲気だ。

店頭のサンプルケース

店員さんは元気にオーダーを取ったり厨房内から掛け声をかけたりと、店内に活気がある。声がけもどことなくフレンドリーな感じでんなんだか気持ちいいなぁ。

こちらのキッチンABCは池袋の東西2店舗、大塚、江古田で展開する洋食屋さんで、これまでも何度か訪問して、味とボリューム感には感動させられたのは記憶に新しい。

久しぶりのキッチンABCで胸が高鳴るなぁ。。

そんなこんなで色々考えてると、10分ほどで料理が供された。

焼肉定食

焼肉定食

ぬぅおおおおおおおお〜!

大皿にタップリと盛られた焼肉定食。
焼肉と横に添えられたナポリタン、キャベツの千切りのコントラストが鮮やかだ。

まずは焼肉を頂いてみた。

焼肉のアップ

豚のバラ肉をオリジナルのタレで絡めた焼肉。

味わいは、いわゆる焼肉のタレのようなタレ味が前面に出てくる濃いめの味わいではなく、タレの旨味とバラ肉の旨味が両方口の中で広がる、お肉の味合いが楽しめる焼肉だ。

このタレが絶妙な味付けで自然とゴハンが欲しくなる味わい。

バラ肉自体は、いわゆるフツーのバラ肉なのだが、この絶妙なタレと組み合わさるとゴハンが止まらなくなる不思議な味わいだ。

皿の脇に盛られたナポリタン

焼肉の脇には洋食の脇役ナポリタンが添えられてる。

いわゆるTHE洋食屋の昔ながらの添え物ナポリタンの味わいで、焼肉の箸休めにちょうどいい。

皿の脇に盛られたキャベツの千切り

野菜もたっぷり目に盛られていて、コーンが少量乗ったキャベツの千切り。
野菜不足の現代人にはコレが一番ありがたいのかも。。

平皿に盛られたライス

御飯は平皿に盛られていて、御飯というよりライスという呼び名がしっくり来るビジュアル。

炊きたてなのかフックラとして焼肉の相棒としてワシワシとかき込める。

豚汁

汁物も豚汁が付いてくるので、これもありがたい。
具材の量はそこまで多くはないが、豚肉の細切れが入ってて良い豚のエキスが出ている。

そして焼肉定食を食べすすめるのだが、見た目にはそこまで多く感じなかったが、わりとボリュームがあり、やや多めのライスとともに完食だ。

食べてみると、、

焼肉定食

キッチンABCの筆頭メニュー「焼肉定食」

なんの変哲もないバラ肉のフツーの焼肉定食なのだが、ゴハンがススムこと前提のタレの味わいが絶妙で、焼肉&ライスを無心にかき込める焼肉定食だった。

メニューにも書かれていたが「ABCの原点、”元祖”ポークタレ焼きです。」が示すとおり納得の味わいだ。

汁物が豚汁なのもポイントが高く、ちょっと得した気分になれる定食だった。

キッチンABC池袋東口店の外観

池袋というと全国区の大手チェーン店やラーメン屋など食の選択肢の幅はかなり広いのだが、池袋ならではの食となると限られてくるのが現状だ。

そんな中、池袋や大塚、江古田でしか食べられないキッチンABCは、言うなれば池袋あたりの名物料理店ではなかろうか。

池袋に行かれる方でリーズナブルに洋定食を楽しむなら、いちど試してみてはいかがだろうか。

池袋に行くときはまたお邪魔したいな。

次回はお店一押しのチキン南蛮も試してみたいな。

ごちそうさまでした〜!

店名:キッチンABC池袋東口店
TEL:03-5396-5399
住所:東京都豊島区南池袋2-16-2
最寄駅:池袋駅
営業時間:11:00~22:00
(ラストオーダー21:30)
定休日:年中無休※年末年始休みあり(要確認)
公式ホームページ:https://tf-abc.co.jp/