白いカツ丼は都市伝説じゃなかった!セントポールの隣り(池袋)

池袋西口から歩くこと5分ぐらい。
ちょうど立教大学のそばに「セントポールの隣り」はあります。

セントポールの隣り@池袋

池袋のセントポールの隣りの外観

マンションの1Fに飲食店が入る「味の10番街」の中にあり、地上より1段上にあるのだが目立たない外観だ。

味の10番街の飲食店案内板

店頭には看板やソフトクリームの置物、その他色々と手書きのメニューも書かれてるので目印。

入り口脇には値段に入りメニューが貼られてるので明朗会計。安心して入店可能だ。

早速入店してみた。

店内のテーブルに置かれた塩とコショウの入れ物

店内はテーブル席と10人ぐらい座れそうな大テーブルがあり、外からは想像するよりも中は広い。洋食屋というよりは喫茶店というような佇まいだ。

まずは開いてる席に座りメニューを見てみた。

メニュー

メニューはキホンテキに喫茶店<洋食屋のような感じで、ドリンク、軽食、ハンバーグなどが揃ってる。

ドリンクメニュー 軽食メニュー

壁に貼られたランチセットメニューには、

ランチセットメニュー。一番上に白いカツ丼と書かれてる。
  • 白いカツ丼
  • チキンカツ大根おろしソース
  • ハンバーグ温玉のせ
  • シェラコス風チキンソテー
  • チーズハンバーグ
  • ロコモコ
  • イタリアンハンバーグ

などのメニューがオールタイムOKのランチセットとして供されてる。

ハンバーグ、スパゲッティなどの食事メニュー

その他、レギュラメニューのハンバーグ系、スパゲッティ系もあるようだ。

一番上に書かれた筆頭メニュー「白いカツ丼」だけが、どうも想像できないというか、心の奥底ににひっかかってならない!

カツ丼が白いとはなんだろう!

世には銘菓「白い恋人」や名曲「白いパラソル」など数多くの「白い!」はあるが、「白いカツ丼」なんて聞いたことがない!

というわけで早速白いカツ丼をオーダーしてみた。

テーブルに置かれた立教大のメガホンと壁に貼られたスポーツ記事

店内の壁には立教大のスポーツの内容が一面に貼られていて、ラグビー部のポスターや掲載されたスポーツ新聞がそのまま貼られてたりと、立教大の空気が溢れてる。

六大学野球応援メニュー

六大学野球応援メニューなどもあるようで、かなり立教大スポーツ応援に力が入ってる。

お客さんもキホンテキに立教大生なのか若い男子率が高く、ランチタイムはほぼ満席で賑わってる。

そしてオーダーから10分ほどで、白いカツ丼が供された。

白いカツ丼

白いカツ丼

ぬおおおおお〜!

なるほど!白い山芋のすりおろし、いわゆるトロロがかかってて白いカツ丼なのか!

トレーに載せられた白いカツ丼。サラダと味噌汁がセットだ。

小皿には醤油のような甘めのタレが付属するので、まずはこれをかけて頂く。たらり。

小皿から醤油タレを注いでいるところ

早速白いカツ丼を頂いてみた。

チキンカツの上に掛けられた山芋と刻み海苔

カツはチキンカツになってて、細かめのパン粉がまぶしてありサクッと揚げたて。
とろりとした山芋と醤油ダレが絡んできてナカナカうまい。

きつね色より若干白く上げられたチキンカツ。もしかすると「白い」の部分はここも含まるるのか。。

具材は山芋の他に、温泉たまご、キムチ、刻み海苔、ゴマなどが乗せられてる。

チキンカツに山芋を乗せて箸で持ち上げてみた

山芋のとろろをカツに絡めると、サックリと揚がった衣に柔らかい鶏肉の食感、そして包み込むような山芋のまったりした感じがイイ!

温泉たまごをチキンカツに乗せてみた

温泉たまごをクラッシュしてカツにディップして頂くと、濃厚な玉子のうまみと醤油ダレが絡んでコレもまたイイ!

ドンブリの脇に盛られたキムチと温泉たまご

キムチはフツーにキムチなのだが、山芋のすりおろしと温泉たまごに絡めることで俄然うまくなる。

あっさりとした味わいの山芋すりおろし、黄身が濃厚な味わいの温泉たまご。そこにピリ辛なキムチが良いアクセントになる。

そこに甘めの醤油タレが加わることで、かなりヤバイうまさとなってる。

野菜サラダ

小皿にはコーン入りの野菜サラダがついてて、シャキシャキ目のレタスなどがタップリ押し込まれてて、皿は小さいが中身はタップリ目。

味噌汁

汁物は味噌汁がついてて、ワカメの味噌汁だ。

白いカツ丼のアップ

そして、白いカツ丼を食べ続けるのだが、大きめチキンカツ3枚に御飯も割りと多めで、なかなかの食べ応え。

甘めの醤油タレが先行する味わいで濃いめかと思ったが、全体としてはわりとサクッとあっさり系の仕上がりになってて、通常の玉子とじカツ丼に比べなかなかヘルシーな内容だ。

ヘルシーなんだけど山芋、温玉、キムチなどのトッピングで、まさに元気になれるドンブリという感じだ。

最後は甘めの醤油タレが染み込んだ御飯をかきこみながら完食。
この甘めのタレだけでもグイグイ御飯が進む。

食べてみると、、

セントポールの隣りの白いカツ丼。

チキンカツに合わせた山芋、温泉たまご、キムチ、などの栄養満点なトッピング内容で大満足。

世の標準的なカツ丼に比べると「チキンカツ+山芋」なのでヘルシーではあるものの、独特の甘めのタレが絡んできて、御飯がワシワシ進むドンブリだった。

テレビ出演した白いカツ丼の案内。「まいうー」と書かれてる。

特筆すべきは、カツ丼の概念を超えた「白いカツ丼」の存在だ。

カツ丼が白いとは、どうゆうことなのか?都市伝説なのか!?とアレコレ想像したが、答えは山芋で閉じてあるから白いカツ丼であった。

カツ丼という概念から考えると「白い」ということは不思議な感覚ではあったが、世のカツ丼の常識を超えた白いカツ丼は大いにアリだった。

一見、いろんな具材が乗って統一感のないドンブリに見えるが、すべての具材が一体になることで織りなすハーモーには、食べてみると一目瞭然だった。

また立教大生の御用達店のようで、量に関しても若者向けで申し分なしでナカナカのボリューム感だ。

セントポールの隣りが入る東武サンライズマンション。下層に味の10番街が入る。

山芋+温玉がかかって栄養満点。しかもヘルシーかつガッツリと頂くドンブリ。白いカツ丼。

カツ丼好きの方であれば一度は試してみるべきカツ丼ではなかろうか。

池袋駅西口の外観

池袋に行くときは、またお邪魔したいなぁ。

ご馳走様でした〜!

店名:セントポールの隣り
TEL:03-3988-9098
住所:東京都豊島区西池袋3-33-17 東武サンライズマンション 味の十番街
最寄駅:池袋(西口)
営業時間:11:00~22:30,日祝日11:00~17:00
定休日:不定休

 関連記事