ラーメンライス650円という選択!白米ですするW炭水化物の絶品コラボ!博多食堂(渋谷)

GR0003186df-icon

渋谷駅から歩くこと10分ぐらい。
渋谷センター街を通り抜けた、東急渋谷本店の近くに「ラーメン博多食堂」さんはあります。

スポンサーリンク

博多食堂@渋谷

博多食堂@渋谷

にぎやかなセンター街を通り抜けて、三角州にある宇田川交番を左側に少し入ったところ。

渋谷センター街に乱立する飲食店 渋谷宇田川交番の交差点。博多食堂は左の路地へ

渋谷にしては、比較的静かな路地に博多食堂さんはあります。

店頭に掲げられたラーメンのノボリ

店頭には「ラーメン濃麻呂」のノボリがたなびいてる。

店頭の白いちょうちん。博多ラーメン濃麻呂、博多食堂と書かれてる

以前にもお店は訪問したことがあるのだが、渋谷の中でも意外と少ない本場博多から乗り込んできた豚骨ラーメン屋で、感動を覚えたのは記憶に新しい。

渋谷でラーメンというと探さなくてもスグ見つかるのだが、本場博多から乗り込んできたコチラの「博多食堂」さんは、福岡から上京してきた豚骨禁断症状のある方には、格好の豚骨補給所だ。

店内のカウンター上。ニンニク、からし高菜、ラーメンのたれなどが置かれてる

まずは白いノレンをくぐり入店してみた。

店内は厨房に面したカウンター席とテーブル席の構成だが、けっこうせまい。

壁一面にメニューが短冊状に貼られてて、ラーメンを中心にアルコールやツマミなども充実してて、昼も夜も使い勝手が良さそうな感じだ。

スポンサーリンク

メニュー

博多食堂渋谷店の基本メニュー
  • 博多ラーメン 600円
  • チャーシューメン 850円
  • 替玉 150円

などなどのラインナップ。

博多食堂の定番メニュー

東京渋谷という街で、本場豚骨が600円で食べられるのはマジありがたい。

替玉は地元博多では100円のところが多いのだが、地代の高い東京という立地を考えると150円というのは当然アリだろう。

ラーメン600円+替玉150円でも750円というスペシャル価格で、いうたらチェーン店の◯蘭、一◯堂の1杯分価格で、定食か替玉まで堪能できるのだ。

定食メニュー

ランチの定食セットメニューも充実してて、

  • まんぷく定食(ラーメン、餃子4、チャーシュー丼) 1050円
  • サービス餃子定食(ラーメン、トッピング1個、餃子4) 750円
  • 餃子定食(ラーメン、餃子4、ごはん) 800円

レギュラーメニューにもある「ちっちゃか餃子」が付いてて、お得感アリアリな感じだ。

その他、ラーメンとゴハンを組み合わせた「ラーメン定食」も準備されてる。いわゆるラーメンライスだ。

御飯の量も小、中、大から選択可能で650円。

おすすめラーメンと定番ラーメンのメニュー

基本のラーメン600円に50円プラスするだけで、御飯が追加できる。。安い。壮絶に安い。

ラーメンのみだとチョト少ないし、替玉まで行くとプラス150円なんで750円でやや値が張る。

いや、もしかしないでもラーメン&御飯なんで、ダブル炭水化物になるのは間違いないが、これは一度試してみたい。

麺の硬さのメニュー

というわけで、ラーメン定食をお願いしてみた。

オーダーすると麺の硬さと御飯の量を尋ねられるので、麺はバリカタ、御飯はなんとなく大でお願いしてみた。

ちなみに麺の硬さは、硬い順に
粉落とし>ハリガネ>バリカタ>かた麺>ちょい硬>普通>ちょいやわ>やわ麺
の中から選択可能だ。

つけ麺はやってませんの「つけ麺拒否」の短冊

店内は渋谷というロケーションからか、わりとラフな格好の職業の方が多く若い方が多い。サラリーマンやOLらしき方は意外と少ない。

ランチタイムお昼時は、やはりセットメニューが人気があるようで、餃子が付いたセットが人気があるようだ。

厨房内は店員さん一人で切り盛りされてて、手際よく作られてる。

博多食堂のメニューにかかれた、お店の案内

コチラの博多食堂さんは、二子玉川にあるラーメン濃麻呂「こくまろ」の系列店で、日によって店員さんが応援に駆けつけてる。大将らしき方の日もあれば、兄ちゃん店員の日、などなど。

博多濃麻呂「こくまろ」(二子玉川/ラーメン) | B級グルメランチ紀行.

本店は福岡市東区名島にあるようで、まさに博多豚骨ラーメンがそのまま渋谷で味わえる感じだ。

メニューに書かれた替玉の奥義

最近は新宿にも店舗を構えてるようで、少しづつだが東京でも勢力を広げつつある、正統派とんこつラーメン屋だ。

待ってるあいだにメニューを見渡すと、博多弁がとろこどころに散りばめられてて、本場博多感が漂う。

ツマミで一杯やれる晩酌セットの案内

夜のツマミメニューも充実してて、焼酎のラインナップも幅広く揃えられてる。
ツマミは博多の郷土料理「がめに」、定番焼き鳥「バラ」があるのは、本場博多ならではのメニュー構成だ。

そして、なんだかんだ見回してると、5分ほどでラーメンライスが供された。

ラーメンライス(定食)

ラーメンライス

ラーメンとライスが供され、同時に御飯にかける「明太ふりかかけ」もおすすめされる。

まずはラーメンを啜ってみた。

ラーメン

うっすらと油の浮いたスープは、豚骨のパンチが程よく効いててうまい。「博多ラーメンはこれやね!」

とんこつスープをレンゲですくってみた

福岡のラーメンでいうなら、久留米ラーメンほど濃厚ではないが、長浜ラーメンほどあっさりしてない。まさにTHEピュア博多豚骨ラーメンそのものという感じだ。

極細ストレート麺を箸でもちあげてみた

麺は博多極細ストレート麺。
バリカタのオーダーどおり、若干芯の残る茹で具合で、麺に絡みつく豚骨のスープに非常に合う。

トッピングは、チャーシュー、木クラゲ、ネギ、とシンプル構成。

チャーシューを箸で持ち上げてみた

チャーシューは脂のノリのイイ、てろんとしたタイプで、味付けはあまり濃くなく、シンプルにチャーシューを味わうという感じだ。

キクラゲがは少量だが、コリコリっとしてて、硬めの麺をすする間のアクセントとしてイイ食感だ。

茶碗に盛られた御飯

そしてラーメンのお供、御飯を頂く。

ノーマルサイズの茶碗に割りとフツーな盛り加減。ラーメンのお供のライスと考えると、意外と多いのかもしれない。

コクのあるスープを御飯の相棒としてすする。うまい。

ラーメンを御飯に合わせるという、一見ありそうでナカナカないシンプルな組み合わせだが、このラーメンライスはアリだ。

ラーメンライスというと、ラーメンの麺と御飯がダブル炭水化物でアリエナイという異論も世にはあるが、このラーメンとライスの組み合わせには理屈は不要。食べ方とかどうだっていいのだ。シンプルにうまければイイ。

ラーメンと御飯がセットになったラーメンライス

そしてラーメンを啜り、御飯をカキコミながらスープを啜る。

一見、おかしな組み合わせなのかもしれないが、豚骨の効いた本場のスープと御飯の相性はバツグン。

しかも、渋谷という立地でありながら、ラーメンとライス合わせて650円という神ワザ。
まさにTHEグレートオブ、ラーメンライスだ!

容器に入れられた明太子ふりかけ

明太子のふりかけも掛けてみたが、明太子の風味がシンプルに詰まった感じで、御飯がワシワシすすむ。

明太子ふりかけを御飯にかけてみた

そしてライスをカキコミ、合わせてスープも啜り、至福のランチタイムを過ごす。

御飯に合わせるからか、スープがかなり減るので、替玉派には注意が必要だ。
量的は御飯&ラーメンなんで、替玉がなくても十分すぎるくらい満腹モードだ。

そして最後はスープを完飲。
丼の底には豚骨の髄の粉が残ってて、なるほど豚骨の濃さが分かる感じだ。

博多食堂、濃麻呂と書かれた店頭の白いノレン

食べてみると、

渋谷の片隅でシンプルに本場豚骨ラーメンをすする。

こねくりまわされてないピュアな博多豚骨ラーメンやし、ただただウマイの一言に尽きるラーメンやった。

渋谷駅の周辺のワンコイン豚骨ラーメンや、替玉1回無料店なども存在するが、本場のとんこつラーメンが600円から食べられることを考えると、駅から10分の距離を差し引いても、豚骨ラーメンファンなら食べておく一杯かと思う。。

店頭の赤ちょうちん

特筆すべきは博多食堂さんのラーメンライスの存在だろう。

ラーメンと御飯のみでシンプルに頂く。

ラーメンのみでも、もちろんメインディッシュとして成立するのだが、そこにあえて御飯をあわせる。

博多弁で書かれたビルの案内板

ラーメンのみをシンプルに味わうのなら、替玉という選択肢もあるのだが、ラーメンライスこそラーメンランチの醍醐味なのではなかろうか。

ラーメンに御飯を合わせることで、ラーメンのおかず&汁物レベルが上がる感じで、ラーメンのみで頂くよりも、おかずとしてのラーメンのグレードが上がるのではないかと思われた。

宇田川の博多食堂に向かう道

ラーメン1杯でもいいが、なにか1品加えたい。。。そんな時、ラーメンの立ち位置を崩さずに、アシスト役たる御飯を加え、定食化することができる「ラーメンライス」。

世には御飯を付けて定食化することで、ダブル炭水化物になる料理も多々ある。お好み焼き定食、やきそば定食、うどん定食などなど。。。

普段は単体で食べることがアタリマエな料理も、御飯が追加することで定食化され、おかずとしてのグレードが高くなるのではなかろうか。もちろん量も♪

渋谷センター街のポールに書かれたバスケットボールストリートの文字

今回食べたラーメン+御飯の「ラーメンライス」。

博多食堂さんのシンプルにウマイ豚骨スープは、ライスと共存前提のスープであると言っても過言でないと思うなぁ。

渋谷センター街の入口と大盛堂書店

替玉をすることでガッツリいくこともできる豚骨ラーメンだが、ライスを合わせあるガッツリ技も意外とアリやと思う。

渋谷ハチ公口のスクランブル交差点

渋谷という立地で、650円でガッツリ腹一杯になれる本格的ラーメン店は、そうそう無いかと思う。(駅前のワンコイン、替玉1回無料店をのぞく。ワシ調べ。。)

渋谷で豚骨ラーメンでガッツリ喰らいたい派の方は、是非試してみたくださいね〜!

渋谷ハチ公の銅像

渋谷で豚骨気分の時は、またおじゃましたいな。

次回は夜のツマミとシメのラーメンで行きたいなぁ♪

博多ラーメン博多食堂の店頭

ご馳走様でした〜♪

店名:博多食堂
TEL:03-3496-3980
住所:東京都渋谷区宇田川町36-16 プラザマリーナ 1F
最寄駅:渋谷駅 神泉駅
営業時間:11:00~24:00
定休日:無休(※要確認)

スポンサーリンク
GR0003186df-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!