香りの誘惑がヤバすぎ!博多駅に充満する甘〜いクロワッサン臭!ミニヨン

hakataeki-station-croissant2919-icon

福岡の玄関口「博多駅」。
その博多駅の在来線中央改札を出てスグのところに焼きたてクロワッサンの店「ミニヨン」さんはあります。

スポンサーリンク

ミニヨン@博多駅

ミニヨン@博多駅

博多駅のコンコースを通ると「ぷーん」とオイシソウなクロワッサンの香りが漂ってくるアレだ。

福岡のジモティの方を始め、出張サラリーマンの方や旅行の方のお土産にも人気の焼きたてクロワッサンの店。

博多駅中央改札

博多駅のコンコースに充満する、濃厚なクロワッサンのかほり。

遠くにいても分かるぐらい、濃厚なクロワッサンの匂いが博多駅コンコース内に充満してる。。

甘〜いクロワッサンの香りに鼻をロックオンされると、気づいたらお店の前まで連れてこられるぐらい、めちゃくちゃ美味しそうなクロワッサンの香り。

行列のできてるミニヨン博多駅の店頭

クロワッサンのお店とかパン屋さんの美味しそうなニオイは、全国どこにでもあるのだが、博多駅のココの香りだけは凄まじく濃厚な匂いなのだ。

店名はMIGNONと書いてミニヨン。ミグノンではないようだ。。

場所的には駅のちょうど中心にあるあるお店で、お店の中でクロワッサンを焼いて、焼きたてアツアツを販売されてる。

だいたいどんな時間でも、店頭には行列ができてて、人気の高さがうかがえるなぁ。

左がアップルパイとかの店で、右のコーナーがクロワッサン売り場

基本形の焼きたてクロワッサンを販売してる右のコーナーと、アップルパイ、シフォンケーキ、めんたいクロワッサンなどを販売してる左側のコーナーに分かれてる。いつも行列なのは、右のクロワッサンコーナーだ。

右のクロワッサンコーナーは、いつでも超行列 左側のアップルパイとか明太クロワッサンのミニヨン

行列ではあるが、甘いクロワッサンの香りに鼻孔をロックオンされてしまい、さっそく並んでみた。
まさにミニヨンさんのニオイ作戦に、してやられたりだ!

店頭の並ぶ方向が書かれた案内

店頭には「他の店舗のご迷惑にならぬよう矢印の方向にお並びください」の案内が出ている。

行列は長くても意外とスグに進み買えるので安心だ。

並んでる間にMIGNON(ミニヨン)の案内を読むと、

ミニヨンのクロワッサンはサクサクパリパリ、、、の案内

MIGNONミニヨンのクロワッサンはパリパリサクサク
保存される場合はビニール袋に入れ冷凍庫へお入れ下さい。
お召し上がりの際はオーブントースターで温めるとパリパリ感がよみがえり、美味しく頂けます。

なるほど、なるほど。

保存する時は冷凍庫で、オーブンで温めなおすとよみがえるのか!ステキだぁ♥
「よみがえる」なんて、ガンダムみたいだ♪

買ってすぐのアツアツを頂くのが一番おいしそうだが、お持ち帰りテイクアウトでもパリパリサクサクが体験できるようだ。

売り場の後ろにはオーブンがあり、焼きたてクロワッサンを順次補給されてる

店内にあるオーブンでクロワッサンがガンガン焼かれてて、売り場のクロワッサンの数が少なくなると、焼きたてをガシガシ補充するシステムのようだ。

スポンサーリンク

メニュー

どれも100g単位の量り売りとなっていて、100グラムあたりだと

  • プレーン 162円(約4個)
  • チョコ  184円(約3~4個)
  • さつまいも 194円(約3個)

の3ラインナップ。
チョコ味が人気No1のようだ。

プレーンクロワッサン

チョコクロワッサン さつまいもクロワッサン

3種類もあり迷うとこだが、迷った時は大人買い!
プレーン10個、チョコ5個、さつまいも5個でいってみた!

ハカリに乗せてお会計中。20個で978円と表示されてる!!

5個づつ袋に入れてくれて、最後はハカリに乗せてお会計。

キタ━(゚∀゚)━!
ナント計20個で1000円以下。まじかよ!超安い!

ミニヨンのお持ち帰り用のシルバーの袋

シルバーのビニール袋に入れてもらい、自宅へと。
クロワッサンなんで、もちろん軽いのだが、なんだか宝物でも手に入れたような充実感やなぁ♪

クロワッサン

クロワッサン3種類

3種のクロワッサンを購入したのだが、いちおう開封すると、どの種類のクロワッサンかが一目瞭然になってる。

ゴマが乗ってるのがさつまいも、黒っぽいのがチョコ、なにもないのがプレーン味やな。シンプルWithわかりやすい♪

プレーン味のミニクロワッサン

まずはオーブンで再度温めなおして頂いてみた。

パリパリサクサクの薄い皮の下には、何層にも重なった生地の層が見えてくる。

アルミホイルにのせて、オーブンで焼いたクロワッサン

中身はフワフワ食感でなんともウマイ。

外の生地はパリパリ、中はふんわり状態のクロワッサンの断面

プレーンはクロワッサンの王道の味わいで、表面に付けられた甘いシロップが軽い甘さで、やさしい甘さとクロワッサンのこんがりとした風味が口に広がる。

ちょっと黒ずんでるのがチョコクロワッサン

チョコは、生地にチョコが入ってて、クロワッサンの香ばしさに、チョイ苦いチョコレートの感じが絶妙。

オーブンで温めるとチョコがとろけて、生地にとろりと絡み、若干しっとりしとる。これはマジウマばい♪

チョコクロワッサンの中には、とろけたチョコレートが入ってる

この味ならまさに「ティータイムに食べるならチョコやろ!」という感じだ。

黒ゴマがのったサツマイモクロワッサン

サツマイモは、柔らかいさつまいもが入ってて、甘みのある優しいサツマイモの味わいがいい塩梅。

サツマイモが入ったクロワッサン

もうなんだかスイーツ的な方向を向いてる感じだ。

皿の上に3種類置いてみたクロワッサン

食べてみると

3種類のクロワッサンを食べてみたが、どのクロワッサンも独特のウマサがあり大満足。

中でもチョコが絶品で、甘くてホロ苦いチョコ感と香ばしいクロワッサンの風味が絡んで絶妙やったなぁ。。

まぁ、どの味もパリパリサクサクな皮にふんわり生地でやさしい味わいなんで、オトナのオヤツにもいいし、子供のオヤツなんかにもピッタリではなかろうか。

ミニヨンの店頭に書かれた案内板

特筆すべきは、あの博多駅に充満する濃厚なクロワッサンの匂いだろう。

今回とくにクロワッサンを買いに博多駅に行ったわけではないが、駅の中心に近づくにつれ、アノクロワッサンの匂いが鼻孔を刺激してくる!

そして、店の前まであのニオイで案內され、行列を見るとまたまた食べてみたくなる。。。そして思わず行列に並び買ってしまう。。

アップルパイとか、めんたいクロワッサンコーナーのショーケース

博多駅というと福岡の玄関口で、一日の乗降客もかなりな数。
そんな中で、クロワッサンの甘〜い香りを振りまくMIGNON(ミニヨン)さん。

クロワッサンを求めて博多駅に来る方もいるかもしれないが、おそらくクロワッサン目的でなくても、博多駅構内のアノ甘〜いクロワッサンのニオイに鼻孔をくすぐられ、購入に至ってる方も多いのではなかろうか。

「博多駅を歩いてるだけでクロワッサンモードにしてしまう」という、ある意味おそろしいクロワッサン屋かと思われた♪

今回、久々にMIGNON(ミニヨン)さんのクロワッサンを食べたが、昔と変わらず素朴な味わいでマジ大満足やったなぁ。
味は昔と変わらずだが、行列のスゴさだけは以前よりも増してる気がしたなぁ。

自分用にもいいけど、手みやげ的な使い方もヨサゲな感じのミニヨンさん。

焼きたてアップルパイの案内

博多駅でクロワッサン気分の時はまたおじゃましたいな。

明太クロワッサンの案内

次回は隣のMIGNON(ミニヨン)さんで、明太クロワッサンも試してみたいなぁ♪

ご馳走様でした~♪

店名:ミニヨン 「il FORNO del MIGNON」
TEL:092-412-3364
住所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 マイング博多 名店街
最寄駅:博多駅(構内)
営業時間:7:00~23:00
定休日:なし(※要確認)

スポンサーリンク
hakataeki-station-croissant2919-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!