つけそば 黒門(新宿/つけ麺、ラーメン)麻辛丸「マシンガン」

新宿駅西口から歩くこと5分ぐらい。
ちょうど小滝橋通りから一本入ったところの角地に「つけそば 黒門」はありました。


黒門@新宿

外観は居酒屋チックな佇まいで、店頭には写真付きのおすすめメニューが出されてます。
なんだかどのメニューにも麻辛丸「ましんがん」なるつけ麺が書かれていて、これがイチオシのようだ。

店内に入るとまずは席につきオーダーします。
券売機も店内にあるようだけど、使われていないようだ。


メニュー

つけ麺は「つけそば」として表記されてて、メニューは、
黒門つけそば 680円
黒味 700円
麻辛丸「ましんがん」 700円

どのつけ麺も並盛350グラムになり、大盛り100円アップ、特盛200円アップ、超特盛300円アップの設定だ。

ラーメンもあり、
中華そば 680円
和風創作ラーメン 650円
味玉とチャーシュートッピングなどで細かく分類されてます。

メニューの中からお店のオススメそうな麻辛丸「ましんがん」をお願いしてみた。
麻辛丸のみ「あつもり」の設定もあるようだが、今回は基本の冷たいやつで。。

厨房内では若い男女2名で切り盛りされてます。
元気な対応でなんだか気持ちがいいですね♪

そして15分ほどで麻辛丸が供されました。
まずはつけ汁、そして3分ほど待って麺が供された。


麻辛丸「ましんがん」並盛

つけ汁は温かいので、できれば同時に提供してもらいたいなぁ。。

真っ赤なつけ汁はとても辛そうな色をしてますね。

まずはつけ汁に浸して頂いてみた。

酸味がかなり強いつけ汁に唐辛子の辛さが加えられた、他では食べたことのない味わい。
酸味があるつけ麺だと、普通は甘味もあるところが多いのだが、
黒門さんの麻辛丸はカナリ強めの酸味と辛味で仕上げられてる。

サッパリ感もありながら、辛さの刺激も来るというカタチだ。

辛味ははじめソコソコだが、食べ続けるとほどよい辛さと、唇が腫れるようなシビレが襲ってくる。

酸味が強いので、つけ汁が多いとチョトむせる感じもあるくらい、酸味が強め。

麺は極太金剛麺を使用とのこと。

極太との表記だったが、フツーにストレート太麺に若干ウエーブがかかったタイプ。
小麦の香りもふわっと漂いイイカンジなのだが、なんせ酸味と辛味の強さが印象的で、麺のインパクトはおさえめな感じかなぁ。

量は350グラムとの表記だったが、割と少なく感じた。350グラムだと中盛ぐらいに匹敵するのかもしれないが、食べた感じとしては並盛と中盛のあいだぐらいかな。。

つけ汁の中には、メンマとほぐしチャーシューが入ってますね。
メンマは結構な量だけど、チャーシューはほんのすこし。。。
チャーシューを大盛りでガッツリいくなら肉麻辛丸880円は必須かと。。

そして最後は定例のスープ割りを頂いてみた。
酸味と辛味が若干やわらいで、飲みやすい感じになるのだけど、この味ってどことなく酸味と辛味が効いたタイ料理のスープ的な味わいだ。

食べてみると、酸味がかなり強いつけ汁に辛味が追加された麻辛丸だったが、酸味が強いだけにサッパリとした印象が強いつけ麺だった。酸っぱいもの好きにはいいかもしれないが、酸味系が嫌いな人にはだめかも。

酸味があるつけ麺だと甘い感じもするつけ麺が多い中、あえて酸味+辛味で提供される麻辛丸は、黒門さんでしか食べられないオリジナリティのあるつけ麺だと思う。

新宿に行くときはまたお邪魔したいと思う。
次回は中華そばの方を試してみたい。

ご馳走様でした〜♪

店名:つけそば 黒門
TEL:03-3366-7588
住所:東京都新宿区西新宿7-10-12
最寄駅:新宿駅 西口側
営業時間:11::00~23:30

スポンサーリンク

 関連記事