ハイレベルすぎる立ち食いうどん!絶品讃岐うどん!おにやんま新橋店

oniyanma-udon-shinbashi1-03-icon

新橋駅の烏森口から2分ぐらい。
ニュー新橋ビルの角にあるスクランブル交差点から少し入ったところに「おにやんま」さんはあります。

スポンサーリンク

おにやんま@新橋店

おにやんま@新橋店

店頭にはメニュー内容が書かれた立看板が書かれてて明朗会計なんで、安心して入店可能だ。

店頭に置かれた、うどんメニューの立看板

こちらの「おにやんま」さんは、1店舗目を五反田でオープンされて、そのあと青物横丁、そしてこちらの新橋店と、都内で3店舗出店されてる立ち食いうどん屋さんだ。

以前にも五反田のお店でうどんを頂いたのだが、価格は立ち食いで、うどんは本格的というスバラシイ内容だったのが記憶に新しい。

まずは店頭に置かれた券売機で食券を購入。

スポンサーリンク

メニュー

店頭に置かれた券売機

温かいうどんも冷たいうどんも基本的に同じ価格で、

  • かけうどん(温) ぶっかけ(冷) 300円
  • とり天ちくわ天うどん 490円
  • きつねうどん 390円
  • 天ぷらうどん 470円
  • 肉うどん 530円

などなどのラインナップ。安い!

券売機の追加トッピングのボタン

その他トッピング類も60円から設定されてて、マイお気に入りうどんなんてのも作れそう。
具沢山の「ヒデコデラックス」なるメニューもあるようだ。

券売機の一番上のデカイボタンは「とり天ちくわ天」が設定されてて、どうもオススメみたい。

なんだか冷たいものが食べたくなり、「とり天ちくわ天、冷しぶっかけ」をポチッとな!もちろん大盛りで♪

とり天ちくわ天冷やしぶっかけうどんの食券

食券を握りしめイザ店内へ。
店頭の白いノレンにはトンボのイラストが書かれてる。。オニヤンマなのだろう。

トンボの絵が書かれた、おにやんまの白いノレン

お店は左右両サイド2箇所に扉があるのだが、左側が入口で右側が出口みたいだ。

店内に入ると厨房の横にあるカウンターから食券を渡し、うどんを頂戴する。
トレーに乗せられたうどんを、店内の立ち食い席に持っていって食べるスタイルだ。
なんとなく学食とか社食みたいな流れやなぁ。

入れ放題のネギ、生姜、天かす

うどんが供される窓口横には、ネギや天かすなどのトッピングアイテムが置かれてるので、好きなだけ盛れる感じだ。

店内の立ち食いカウンター席

店内はナカナカ広めで、全て立ち食い席。
サラリーマンやオヤジのまち新橋にある立ち食いうどんなんだけど、オサレ感もあり、なんとなく女子にも入りやすそうな感じだ。
ざっと見た感じ30人ぐらい入りそうなキャパだ。

空いている席にうどんを持って行き、早速頂いてみた。

とり天ちくわ天ぶっかけうどん@大盛り

とり天ちくわ天ぶっかけ@大盛り

スープから盛り上がる麺の量が壮観。その上に乗っかるトッピング、とり天ちくわ天がなんとも満足感が高い。これで590円やし。

うどんのスープ

まずは、うどんのスープを啜ってみた。

若干濃い目の色合いのスープだが、あっさりとした、やさしい味わい。
いりこベースなのか、やさしい魚系のダシ汁がほんのりと香り、出汁がしっかり立ってる。ひんやりと冷えてて、ナカナカうまい。

うどん麺

麺は太さマチマチで手打ち感が伝わってくる。
しっかり芯まで一定の歯ごたえで、ナカナカの剛直麺。

いぜん五反田で食べた温かい汁の麺の食感と違い、最初から最後までグッと弾力のある感じだ。

温かい方だと、表面のツルッとした感じと芯の強さが感じられたが、冷やしの方だと初めの口当たりから芯まで一定の感じで、手打ち麺の剛直感をストレートに味わえる。ウマイ!

うどんの上にトッピングされた、とり天ちくわ天

トッピングのとり天は、生姜醤油の下味に衣が付いた、まさに唐揚げ的味わいの鶏の天ぷら。
衣を汁に浸してシンナリさせてパクツクとなんともうまい。

ちくわ天は、竹輪を半分にぶった切ってあげてある。

冷やしぶっかけにすると、麺が剛直な分、ちくわ天のプリッとした感じがなんだか心地よい。ぷりぷり、うまうま♪

トッピングのネギ

薬味的ネギの香りも、うどんに絡んでいい塩梅。
自分で盛りたいだけ盛れるのもネギ好きにはアリガタイなぁ。

そして、麺をすすり続けるのだが、スープがひんやりと冷たいので、麺が伸びることもなく、剛直感が一定な感じだ味わえる。

麺量は大盛りにしたが、やさしいダシ汁のアシストもあり、うどん麺がスルッと入る感じ。
普段大盛り標準のワタクシでも、サクっと食べられた♪

卓上に置かれた七味と爪楊枝

食べてみると、

手打ちでしっかり剛直な麺。今回はぶっかけ冷やしで頂いてみたが、以前食べた「温」うどんにくらべ、麺の感じがストレートに味わえて大満足。
温かいうどんもアリだと思うが、手打ち麺の剛直さを味わうのなら冷やしぶっかけに限るなぁ。。

特筆すべきは、このウドンが立ち食い価格で提供されてる点だろう。
うどんといえば、大衆食として筆頭に上がるメニューだが、東京という地代の高い街になると、それなりに付加価値も付き、高いものも存在する。

そんな中、かけうどん300円〜という立ち食い価格で提供する「おにやんま」さん。立ち食い価格なんだけど、非常にレベルの高いうどんが食べられて、まさに舌にもお財布にも優しいという感じだ。

また、お蕎麦文化の濃い関東で立ち食いでうどんを食べるとなると、蕎麦屋のダシ汁共用で、アノ黒いスープになることも日常茶飯事だ。
そんな中、うどん一本勝負で提供してくれる「おにやんま」さんの存在は、うどん好きとしてはアリガタイの一言に尽きる。

店内にある製麺室

出口の付近には製麺室も備えてあり、打ったうどんをすぐに味わえるのも嬉しいなぁ。

ニュー新橋ビルの角にあるスクランブル交差点

新橋でうどん気分の時はまたお邪魔したい。

次回はヒデコデラックスなるメニューも試してみたいな♪

新橋駅前のSL広場

ご馳走様でした~♪

店名:おにやんま 新橋店
TEL:非公開
住所:東京都港区新橋3-16-23
最寄駅:新橋
営業時間:7:00~23:00,土日祝7:00~15:00
定休日:無休(※要確認〙

スポンサーリンク
oniyanma-udon-shinbashi1-03-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!