○心厨房「まごごろちゅうぼう」(木場/ラーメン)塩つけ麺大盛

木場駅から歩くこと5分ぐらい。
大通りから一本入った比較的静かな通りに○心厨房「まごごろちゅうぼう」はありました。


○心厨房「まごごろちゅうぼう」@木場

なにげにこの界隈はラーメンつけ麺激戦区。
吉左右、美学屋、トナリのタンメンなんてのもあり、ラーメンつけ麺の熱いバトルが繰り広げられてるなぁ。

お店に付いたのが昼前だったから良かったものの、ランチタイムになるとかなりの行列ですね〜♪

店内に入るとまずは食券を購入します。
以前ラーメンを食べた時は券売機なかったような気がするなぁ。

メニューは基本的に塩ラーメンがメイン
塩ラーメン 700円
塩つけ麺 800円
つけ麺 800円

オススメは味玉付き100円。かなりデカイボタンですね〜♪
その他、ちゃあしゅう250円、全部入り350円アップで選択できるようだ。

13時から販売の「辛いつけ麺ボーラ」なんてのもありますね。

ラーメンは以前にも食べたことあったので、今回はつけ麺を頂いてみました。
つけ麺は2種類あり、塩つけ麺と醤油味のフツーのつけ麺から選択可能だ。
店主オススメの塩つけ麺味玉+大盛り100円、ジャスト1000円でいってみました。

ちなみに麺は並盛250g、大盛り350g(100円アップ)、特盛400g(150円アップ)

店内はカナリ狭く、厨房に面したカウンター席と奥にテーブル席が1つ。
店員さんは男子3名で切り盛りされtます。店内での気配りの行き届いた対応や並んでる方たちへの対応など、見ていてなんだか気持ちがいいですね。

そして15分ほどでつけ麺が供されました。


塩つけめん+味玉+大盛り1000円

トッピングはすべて麺の上に鎮座されてます。

まずは一口頂いてみると、おだやかな豚骨ベースに魚介の感じがします。魚介系の効き具合はほんのりという程度。
そこに塩のキリリとした締まった感じが加わって、とても美味しいつけ汁ですね〜♪
以前食べた塩ラーメンもそうだが、いわゆる「塩」ラーメンのようなやさしい感じとチョト違い、豚骨と魚介そして塩がアクセントになったつけ汁です。

塩は大釜炊きの大谷塩のようだ。

麺は浅草開化楼製の太麺。
もちもちした食感で、噛むと適度な歯ごたえがあり、ワシワシと美味しく頂ける。

若干ウエーブがかかっていて、つけ汁の絡みもいい感じだ。

トッピングのチャーシューはピンク色をしたローストビーフのような感じ。かなりでかい。
脂のサシが肉全体に回っていて、脂の偏りがない。
しっかりとした食感で生に近いローストビーフのようで、ほのかに香る燻製のかほりもイイカンジだ。
あつい汁のあるラーメンに入れるより、つけ麺でストレートに味わったほうが間違いなくうまそうだ。

味玉はパカっと割るとユルい黄身がジュルリと飛び出す。

味付けはソコソコおさえめで、つけ汁に絡めて食べるとうまいですね。

つけ汁の中には、コリコリっとした食感のシナチクと一口サイズのチャーシューも入ってる。
このチャーシュー、シッカリとした味付けに肉の濃厚な感じがする。口の中で「ぶは〜っ」と濃厚な感じが広がる。もしかして内臓系かなぁ。。

最後は残った麺にレモンをかけて頂いてみました。
つけ汁の中にある塩とレモンが合わさって、サッパリとした感じで頂ける。

最後はスープ割りを頂いた。豚骨と魚介の感じがやわらいで、シメのスープ割りとして美味しく頂けた。

食べてみると、塩というとアッサリとかサッパリとかが想像されるが、おだやか目の豚骨と魚介、そして天然塩でまとめられたシッカリとした味わいの美味しいつけ麺でした。
トッピングのチャーシューもローストビーフのような味わいでマンゾク度は高かった。お店のオススメのトッピングは味玉のようだったが、チャーシュー増しにしたほうが断然満足感は高いだろうな。

昨今はやりの魚介系やドロドロ系つけ麺とは一線を画するが、新しいジャンルの「塩」を模索する○心厨房「まごごろちゅうぼう」さんの熱い心意気を感じた。激戦区でますます頑張ってほしいなぁ。

次回は13時過ぎに行って「辛いつけ麺ボーラ」を頂きたいと思います。どうでもいいがボーラって誰だろう。。。?
ご馳走様でした〜♪

店名:○心厨房「まごごろちゅうぼう」
TEL:03-3615-2347
住所:東京都江東区東陽1-25-6
最寄駅:木場、東陽町
営業時間:11:30~15:00,17:45~20:00木曜11:30~15:00(売り切れで終了あり)
定休日:日曜日、2,4月曜日(※要確認)

スポンサーリンク

 関連記事